2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だいぶブログを休んでしまいましたが、冬景色の変化がないのと、何かと忙しく更新できませんでした。

暮れから正月にかけて休みだったカルメンの合唱の練習が再開しました。
合唱の部分は一応4幕まで通して不十分ながら練習したのですが、男声のソロの部分も個人的に練習し始めました。
本番の舞台で歌うと言うのではなく、合唱とソロの絡みのところを練習で歌うのです。

しかしながらドン・ホセは容姿とか年齢を別にしても、アリアに高音のB(シの♭)の音まであるのでとても無理、音域的に最も合っているのが密輸団の首領のダンカイロで5重唱や6重唱もあり、とても魅力的な役なので、ダンカイロの譜読みをしています。ピアノに合わせて歌えばまだしも、他のソリストとのアンサンブルとなるとつられてしまって音程が正しく取れなかったりでとても難しいが、何度も練習して行き、ハモるようになるとうれしいものです。

僕の音域はハイ・バリトンですが合唱団ではセカンド・テノールを歌っているのはテノールの方が華やかで目立つし、常に高い声を出す訓練をしていた方がいいのではないかと考えるからです。A(ラ)まで出ればほとんどのテノールの歌は歌えるので何とか出るようになりたいけれど、半音の壁と言うのはなかなか高いものです。

闘牛士のエスカミリォはバスで、一番低い音はB(シの♭)なので僕にとってはなかなか厳しい音です。でも低い音の発声練習をしているとだんだん出るようになりますが、低い音はピアノやオーケストラに埋もれやすいので広い会場で響かせるのは至難の業でしょうね。

00120as.jpg

「闘牛士の歌」はなんとも気持ちが良いので時々歌っています。

00120bs.jpg

だいぶ以前、確かフランスのニームで闘牛を見た記憶があります。


Toreador!  カルメンの映画版での闘牛士の歌でルッジェーロ・ライモンディが歌っています。

Chanson du Toréador ~ Ludovic Tézier  コンサート形式ですが歌い方にかなり癖があり、好き嫌いが分かれそうです。

Toreador Song - Dmitri Hvorostovsky  テレビ番組のためかショー的な要素が強い歌い方ですが高音から低音まで声量はありそうですね。



人気ブログランキングへ











【】
印象派の画家、モネも「闘牛士の歌」を好んで歌っていたとか。
この歌は創作意欲が湧き、絵がスイスイ描けるのでしょうかねぇ。
【】
ご無沙汰しています。
ドミトリー・ホロストフスキーの闘牛士の歌は迫力がありますね。声に力強さがあるし。世界最高峰のバリトン歌手ではないでしょうか。
ロシア人なのでロシア民謡なども歌っていますが、Dark EyesやLittle Bellなどを聞くと引き込まれます。
ハバネラはやっぱりマリア・カラスが一番です。
【】
カルメンの初演は1875年で初演は不評だったようですが、後に人気が出てきたようです。モネは長生きして1826年まで生きていたので、カルメンのオペラ上演は何回か観ているでしょう。蓄音機も1880年代には発売されているから、「ハバネラ」や「闘牛士の歌」はレコードになっていたかもしれません。「闘牛士の歌」は馴染みやすい旋律で音程も取りやすく楽しめる歌で、4拍子でマーチ風でもあるので元気の出る歌かもしれません。ビゼーのような天才がカルメンの初演からわずかで亡くなってしまったのはとても残念です。

ドミトリー・ホロストフスキーは声が素晴らしいですね。カッコいい闘牛士のイメージにも合っているし、いつか生で聴いてみたいですね。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。