FC2ブログ
2019 / 11
≪ 2019 / 10 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2019 / 12 ≫

今日の最初の訪問地はペインズウイックです。

Dscf1234.jpg

いかにも古そうな郵便局ですが、日本に絵葉書を出すといって入ったもののなかなか出てこない。
来年のコッツウォルズ・カレンダーを見つけてほぼ全員が買い、さらにお土産をさがしてと、お買い物熱症候群の始まりです。

さらに南に下り、プライベートガーデンのアルダレー・グレインジを訪れました。

Dscf1249.jpg

とても広い庭でたくさんのバラが咲いていましたが、オーナーが1時間半に渡って丁寧に説明してくださいました。
最大の特徴は香りの庭で、世界中から集めた様々なアロマティックプランツが植えられていて素晴らしい庭園です。
シシングハーストのイタ・サックヴィルも手がけた歴史のある庭園で、現在のオーナーになってからも30年が経ち、シンボルツリーの樹齢100年程、英国で一番古い垂れ咲きのブッドレアの木は初めて見る花で感動的です。写真はいずれホームページにアップします。

アルダレーの次はキャッスルクームです。

Dscf1306.jpg

キフツゲートの様な一重の白いバラが咲いていました。
4日ほど前にひどく雨が降ったので花の重みで右側の窓の蔓が落ちてしまったのでしょう。

次はバイブリーです。

Dscf1325.jpg

鴨の家族がまた増えてしまって、、、この母鴨は余程慕われる世話好きな鴨なのでしょうね。
バイブリーから夕食のレストランへ向かう途中でヒナゲシの咲く丘に出会いました。

Dscf1330.jpg

今日はブロードウェイのインド料理店でカレーを食べました。



花のブログ・ランキング
↑ 1日1回の応援クリック、ありがとう!

いつもコメントを寄せてくれて有難うございます。大変遅くなりましたが今月の1日から13日までのレスを載せることが出来ました。

おことわり。
6、7、8月はほとんどいつも移動しているのでアップも不規則になり、コメントの返事もすぐにはできないこともあると思います。お許しください。

宇藤カザンのホームページはこちら。
reg18q.jpg

【】
 おはようございます。
 香りの庭、良い匂いでしょうね!!
 マイガーデンも薔薇はなるべく香りのするもの、またローズマリーやタイムを石垣に這わせています。
 足に触れるところには富良野ラベンダーやタイム、カモミール、セージなどを植えています。
 絵になる郵便局でお買い物する気持ち、わかります!!
 鴨の親子は猫にやられないのでしょうか?
 ブッドレアも良い香りがしますね!!
 
【ささゆりさん】
猫はそばにいても鴨には関心がないみたい。子供を守る親鴨はいざとなれば強く立ち向かう。
野良猫は全くいないし、イギリスの猫は太っていて充分に餌をもらっていればあえて危険を冒しておいしいかどうか分からない子鴨を襲おうとはしないでしょう。
猫よりも夜行性のキツネやイタチに狙われます。
【イギリスの住宅はいいですね】
南コッツウォルズの郵便局いい味わい出ていますね
【nordさん】
本当にイギリス人は古いもの好きで、その代わり能率の悪い部分も多く、ロンドンの地下鉄も良く止まるし忍耐も必要なところです。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ