2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バガテルバラ園の写真は建物が入っていないとどこで撮ったか分からなくなってしまう。

90531b.jpg

フラットな敷地でバラばかりだと単調になりやすいが、出来る限りの高低差をつけている。

90531a.jpg

バラが咲いている時はいいが花がなくて葉ばかり見てもつまらないでしょう。バラが本当に華やかな時期は2週間程度でしょうから運営は大変なのではないかとつい考えてしまう。

90531c.jpg

どうもフランス人は赤いバラが好きなように思う。寒色系の花は一般的に好まれないようで、窓を飾るゼラニウムも圧倒的に赤が多い。

90531f.jpg

90531e.jpg

5月15日のバガテル公園はバラが大きく咲いていて、とても良く管理されていると感じました。

90531j.jpg

これだけ花が多いとピーク時の花がら摘みはとても追いつかなくなるでしょうね。

90531d.jpg

90531h.jpg

本当に見事に咲いています。

90531g.jpg


人気ブログランキングへ






この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。