2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

90523x.jpg

インングリッシュガーデンの奥のシークレットガーデンの入り口です。

90523d.jpg

シークレットガーデンは3段の斜面になっていて一番下はロックガーデン風。

90523e.jpg

ロックガーデンはバラに比べたら地味だから多くの人はさっと通り過ぎていくでしょう。

90523f.jpg

葉の色は考えられているけれど、特にこれはというものは植わっていませんでした。

90523g.jpg

上段のシークレットガーデン

90523h.jpg

春先や秋には色彩の工夫があるようだが、今は特徴を感じない。

90523i.jpg

バーニー君、こんにちは!

90523j.jpg

下からイングリッシュガーデンのアーチを望む。

90523k.jpg

ところでインフルエンザの話になるが、マスクの効用って本当にあるの?とマスクをしない国に長く住んでいたのでつい思ってしまう。だってインフルエンザのウィルスって1万分の1ミリ以下でしょう。
これをテニスボールに例えるとガーゼのマスクの目はサッカーのゴールゲートぐらいだろうから論外だが、花粉症用のマスクの目は30cm以上になるので簡単に通り抜けてしまう。

杉花粉はウィルスの約300倍の大きさだから、ウィルスがテニスボールだとすれば花粉は直径2メートルの大玉ということになり、それならマスクの効果もあるでしょう。

どうしたら30cmの網目でテニスボールをすくうことが出来るというのか理解できないけれど、仮にマスクにウィルスが付着したとして、それを素手で触ったら何の意味もないし、最も危険な食事時にマスクをしたままという訳にも行かないでしょう。

感染者が飛まつを飛ばさないためならマスクは確かに効果があるでしょうが、感染していないならマスクよりも手術用の使い捨ての手袋の方がどれだけ効果があるかと思うけれど、、、

天邪鬼のカザンはマスクをして呼吸が浅くなり、酸素を体内に取り込む量が減ったら体力が落ちて却って危ないのではないかと思ったりするけれど、これも科学的根拠があるわけではない。

ついでながらうがいの効用もやはりうがいをしない国に住んでいたので疑問を感じてしまう。仮にうがいをすることによってウィルスが体外に吐き出されるとする。それはあり得ないと思っているが、ウィルスが排出されたとしたら、公共のトイレの洗面台付近にはウィルスがたくさん付着している可能性があるのではないか?だとすればとんでもない悪い習慣ということにならないか?

欧米人のようにうつる時はうつる、うつらない時はうつらないと言うぐらいの気楽な気持ちで花を見にお出かけください。さもなければ自宅から出ず音楽を聴きながら絵でも描いていてください。


人気ブログランキングへ







この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。