2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またアカオ・ガーデンに戻ります。一週間前の写真なので現在ではどうなっているでしょうか?下のほうのガーデンのバラはまだこれからと言う感じでしたが、上のイングリッシュガーデンのバラの開花は早いですね。品種によるものなのか、日当たりによるものなのか、、、

90522g.jpg

人が多く歩くのでさすがに芝が傷んでしまっているのは残念ですが、人工芝というわけにもいかないでしょう。

90522c.jpg

斜面であるがゆえに立体的に見せられるから迫力があります。

90522a.jpg

バラの香りに包まれて階段を歩く。

90522b.jpg

バラと宿根草とのハーモニー、イギリスやフランスでは問題ないけれど、湿気の多い日本でこんなに密植しても大丈夫なの?

90522d.jpg

白いジキタリスはアクセントになっていいですね。背の高い花は貴重な存在です。

90522e.jpg

本当に見事なハーモニーです。

90522f.jpg

色彩と香りの饗宴!逗子での展覧会のあと寄り道をして良かったと思いました。

90522h.jpg

蔓バラの絡んだ柱もいいですね。

90522i.jpg

この先に何があるのかなとワクワクします。

90522j.jpg

90523c.jpg

続きはまた明日。

人気ブログランキングへ




【】
>本当に見事なハーモニーです。
白砂伸夫さんによれば、主役はバラで宿根草と重なり合い、競い合いハーモニーを奏でる。
この庭園のデザインは私にとって自然をテーマにしたオペラの作曲ともいえるとあります。
白砂氏もチェロを演奏されるとか。
カザンさん同様、音楽を愛している方がデザインされた12のガーデン、
数日かけてゆっくり見てまわりたいですね。

去年買ったアカオハーブ&ローズガーデンの本、「ようこそバラの花園へ」を
先日から探していてようやく見つけました。開園は今年で21年目だそうです。
【】
植物と植物の組み合わせは奥が深いと思います。それはまるで色彩を用いて絵画を描く様でもあり、また色々な楽器の組み合わせによる作曲にもなぞらえるでしょう。

でも数日はどうかなあ、、、、僕はせいぜい3時間ですね。

【ブログ&HPから美と夢をありがとうございます】
>でも数日はどうかなあ、、、、僕はせいぜい3時間ですね。

(数々の庭園めぐりをして来られたカザンさんとの違い)
旅慣れてないので到着日と出発日の2日は体を休めたい。
植物に関してあれもこれもと欲張って見るべきポイントを絞ることができない。
行動力がのっそりモタモタ、、、というところでしょうか。

本の写真もいいのですが、カザンさんのブログの画像を見てますと
自分が実際に歩いているような気持になります。
そして誰も写っていないせいか独り占めの贅沢さも味わえます。3年前から
Kazanブログのファンでしたが、浮気することなく今日に至りました。
毎日でなくても続けてくださいね、隠れファンの方々のためにも。
【】
アカオガーデンは規模としては大きくないのですが、バラの品種や植栽をメモしたりすれば1日かかるかもしれません。ウィズリーガーデンの規模は多分アカオの30倍ぐらいですから、ていねいに見たら数週間かかるでしょうね。

何でもそうですが作るのは時間がかかって大変でも味わうのはあっという間です。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。