2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は逗子でのコンサートです。

カンパニュラとゲラニウムは種類もたくさんあり、バラの苗のグラウンドカヴァーに使いました。特にカンパニュラはこぼれ種でいくらでも増え、広い花壇もすぐに多い尽くすことが出来ます。値が浅いので余り他の植物の邪魔もしないでしょう。

今回のコンサートの最後の曲は昨年のTVドラマ「風のガーデン」のエンディングのテーマ曲である平原綾香さんが歌った「ノクターン/カンパニュラの恋」ですが、ドラマは自分の人生に重なる部分もかなり多く、感動しました。そしてこの「ノクターン」はショパンの遺作の20番のノクターンを編曲したものであることも僕にとっては大きな意味がありました。というのはこの曲はショパンの中でも特に好きな曲で、甘い夢、切ない想い、諦め、慰めの美しい旋律に深く呼応してしまう特別な曲だったからです。

絵画の制作は職業であり僕にとっては慰めとはなりませんが、音楽は趣味ですからどちらかといえば受身の部分があり、喜びや慰めを分け与えてくれる存在です。

今回カンパニュラの作品は3点描きましたが、今日アップするのはフランスのアトリエの庭に野生の状態で咲いていたカンパニュラ・ロツンディフォリアを描いたもので、このカンパニュラがナチュラルで風に吹かれる「カンパニュラの恋」に一番ふさわしい花でしょう。

そしてこの白花種は長い間探し続け、ようやくエジンバラ植物園のショップで手に入れ、偏愛していたので「カンパニュラへの恋」もあながちこじつけとは言えない部分があります。

90512a.jpg

展覧会も同時に開催しています。


宇藤カザン
水彩・版画展&コンサート
「音楽の花園」

5月12日(火)
逗子文化プラザ









【この花、私も好きです】
本来なら会場まで足を運ばないと見られない作品をどうもありがとうございました。

公開してくださる作品のカンパニュラはモモバキキョウか
ホタルブクロ系かな?と予想していたのですが見事に外れました。
ヨーロッパ原産の和名・糸シャジンですね。
やっぱり“アルバ”に恋い焦がれて、だったのですね(笑)

日本原産の秋咲きの岩シャジンといつもこんがらかってしまいます。
学名で覚えるといいのですが、和名や流通名すら時々出てこないので困ります。
ドラマの中のカンパニュラは白いパンクタータ(ホタルブクロ)か
メディウム(フウリンソウ)だったと思いますが、
カザンさんが想いをよせて歌うのはこの愛らしい楚々とした小さなカンパニュラ、、、。
【】
5月に咲く花で好きな花と言えばバラとデルフィニュームとジキタス・カンパニュラそれにアグロステンマでしょうか。ちょうどバラが咲き始める頃に咲くので私の庭ではなくてはならない花になってきました。
今、カンパニュラ・パーシシフォリアとポシャルスキャナが咲いています。両方とも夏越ししてしかもこぼれ種で増えたので喜んでいます。ゲラニュームもバラの陰に植えたら株が大きくなり綺麗に咲き5月の庭に仲間入りしました。

13日から始まる国際バラとガーデニングショーをTVで見ました。今年は色彩豊かな美しい庭が多く、参考にはなるのですが自分の庭に取り入れるとなると難しいですね。

【】
鎌倉、逗子、葉山ではバラが満開です。5月1日にA&Wボタニックガーデンに行った時はバラは全く咲いていませんでしたが、もうたくさん咲いていることでしょう。バラ前線は一気に訪れるので、一度にたくさんの庭を見られないのが残念です。
【放浪画家?のカザンさま】
少し骨休みされてますか?

きのうfc2ブログ、調子悪くて(表示に時間がかかり過ぎ)訪問者数は
とても少ないだろうと思ったら、いつもどおり。
自分のパソコンがおかしかったのかなぁ。
1000前後というのはランキング時代とそんなに変わりませんよね。

カザンさんの絵で、寝室に飾っているお気に入りの一枚は
風景画の一番人気「アッパー・スローター」の版画です。
最初はやはり華やかな薔薇シリーズに目がいったのですけど、
3年目でやっとこの絵の素晴らしさが分かりました。
清々しい空気まで流れてくるようです。
絵は動画ではないのに川の流れを、微風を川面に感じられることが不思議です。

(あのね、僕はプロの画家ですよと叱られそうですが)
【】
花も美しい風景も音楽も心癒されるものです。現代の社会は嫌でもストレスが多いし、人生を生き抜くというのは誰にとっても楽ではないでしょうから心安らぐものは必要です。

美しい自然と芸術を求めて今日もカザンは放浪します。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。