2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスのブルゴーニュのアトリエは大自然の只中だったので今頃の季節は鳥の鳴き声で目が覚める毎日だった。

中でも「夜鳴きうぐいす」と呼ばれる鳥の鳴き声は美しく、まさにコロラトゥール・ソプラノの名手という感じでオペラのプリマドンナの地位は譲れないだろう。

90509a.jpg

夜鳴きうぐいすは英語でナイティンゲール、フランス語ではロシニョールで学生の頃読んだ海外の小説や詩によく登場した。夜に鳴くわけではなく朝か夕方に高い梢で鳴くことが多いのだが、地味で小さな鳥なのでなかなか姿を見つけるのが難しい。

90509b.jpg

12日の逗子でのコンサートで宮澤むじかさんがクープランの「恋の夜鳴きうぐいす」を演奏するのだが、残念ながらU-Tubeにはなかった。

しかしナイティンゲールに関するものはいくつかあったので、お時間のある方はお聴きください。


rossignol

nightingale song

Yanni-Nightingale

Messiaen on Birds I メシアンは鳥の声を採譜し音楽にした。

Le Rossignol (The Nightingale) ストラヴィンスキーのオペラ




宇藤カザン
水彩・版画展&コンサート
「音楽の花園」

5月12日(火)
逗子文化プラザ






【とてもよい季節です】
鳥の鳴き声で目を覚ます・・なんて素敵なのでしょう。
毎日そんな朝を迎えられたら、今日も一日頑張ろうという気力がわいてきます。

この季節、街中でも新緑の美しさにとても癒されます。
ブルゴーニュの大自然の中はいろいろな緑の洪水で夢のような世界でしょうね。心豊かになれそうです。
【】
鳥の声で目を覚まし、教会の鐘で昼を知るのですが、いったい今日は何日で何曜日?という感じになります。でもそれは今もあまり変わらないですね。

この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。