2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角館の桧木内川沿いの土手は桜のトンネルとなっていて美しい情景ではあるが、同じような景色は各地で見られるでしょう。角館の魅力はやはり武家屋敷との調和にある。

ヨーロッパの景色で感じるのは自然と建物が一体になって一つの景色を完成させ、それを妨げる電柱や極端な看板が少ないということで、人工的なものと自然の調和に対する意識が高いのではないだろうかと思う。

本来日本人もそういう美意識は持っているはずなのだが、経済優先、目立てばいいと言うことで日本の美しい景色を壊している。特に最近目に不快なのが広告用の昇り旗で、これでもかこれでもかと言う感じで沿道の風景を汚くしているが、これは形と色彩の暴力だと思う。

話は飛ぶが、例えば近くにエスカレーターが5基あったとするとそれぞれのエスカレーターから「手すりにおつかまりください。お子様は中央に乗せ、、、、、」などと時間差でエンドレスにテープが流れている。ヨーロッパではあり得ないことなので、こういうのは僕にとっては音の暴力に感じてしまうのだが、ほとんどの日本人にとっては「ご親切な忠告をありがとう」という感謝の気持ちがあるのでしょうね。

90428a.jpg

武家屋敷通りのほぼ中央にある細工伝承館にも枝垂れ桜の古木がある。

90428e.jpg

薄日が差してくるとその妖艶さが増してくる。

90428g.jpg

90428f.jpg

90428h.jpg

90428i.jpg

VIENTO-さくらさくら


明後日の4月30日はカザンの東京での展覧会とサロンコンサートで、会場は100名程度の小さなホールですが、サロンコンサートに理想的な響きと雰囲気です。

展覧会は入場自由ですが、コンサートの入場者には新作の「カンパニュラ」のオリジナル版画をプレゼント!皆様のご来場を心よりお待ちしています。


宇藤カザン
作品展&コンサート「音楽の花園」


4月30日(木)
東京 代々木上原 MUSICASA





【わあ・・・!】
美しいですねぇ・・・・
すばらしい!
今年はじっくり桜を見ることもなく終わってしまいました・・
なのでとてもうれしいです^^
桜って、どうも写真に撮るのは難しく,なかなか花の微妙な
桃色感がだせませんが、さすがはカザンさんですね!
圧倒されるような桜のさきほこりがみごとです・・・
わたしは枝垂れ桜がスキなのですが、これほどの大きなものは見たことがありません・・一度見にいってみたいものです・・
福島県三春町の桜も一度見てみたいものですが、人出もすごいらしいですね^^
【】
角館も観光バスが着き始める10時ぐらいからはかなりの人出になりますよ。
朝早くか夕方が一番ではないでしょうか。
桜は天気が悪いと写真では全く色が出ませんね。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。