2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポワティエから更に南に下り、ミディ・ピレネ地方のコンクに行きます。コンクはこの旅のハイライトですが、当時中世美術に余り関心がなかったカザンはこの村の存在を知りませんでしたから京都芸大のロマネスクのツアーの添乗員をしなければ相当経ってからでないと、知ることがなかったかも知れません。

90413b.jpg

夏には多くの観光客が訪れますが、冬には村のホテルも閉まり、一行は30キロ南のロデスの町のホテルに泊まることになりました。コンクは谷間の極めて交通が不便なところにあったからこそ、文明に取り残され、破壊されることもなく中世の面影がそのまま残っている奇跡の村だと思います。

90413c.jpg

この町もまたポワティエやヴェズレー、ル・ピュイなどと共にスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の出発地、あるいは宿場町なので小さな村にもかかわらず大きな聖堂が建っています。

90413f.jpg

とりわけ有名なのは教会入り口の上部を飾る半円形のタンパンの彫刻でロマネスク芸術の最高傑作でしょう。

90413d.jpg

村の中心部もひっそりとして眠りに落ちているよう。

90413e.jpg

しかし観光客のいない静寂の中世の村には強く惹かれるものがあって、その後何度か季節を変えて訪れることになった。

90413a.jpg

コンクはカザンがフランスで最も好きな村です。

【素晴らしい村です】
こんにちは、コンクはとても重厚な感じの村のようで、
分厚い壁、傾斜の鋭い屋根、石の道で雪を耐えたのでしょうか、そして幾人もの巡礼者を迎えて、宿を提供した。
この山の谷で水、食べ物、生活用品などどんな物があったのか見たいです。
タンバンの彫刻にキリスト様の姿を不動明王の雰囲気を
重ねてしまいました。
コンクはじっと眺めていると、吸い込まれそうな不思議な魅力がします。
【訪ねてみたい】
こんにちは~♪
すごく落ち着いた感じの村ですね。
巡礼の出発地ということは、帆立貝のマーク、ありますか?
【】
コンクは遠くて行きにくいのですが、途中の景色はきれいです。はるばる来たからにはコンクの村に泊まってみたいものです。

なぜ帆立貝かと言うと、、、、スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラは確かフランス語ではサンジャック・ドゥ・コンポステルというのではなかったかな?帆立貝はフランス語でコキーユ・サンジャックだからでしょうか?それではなぜ帆立貝が聖ジャック(聖ヤコブ)貝と言うのでしょうか?帆立貝が巡礼者のお守りだったと言う説もあるようだが、、、、
【】
サンティアゴ・デ・コンボステーラと帆立貝の件ですが
色々な説があります。昔調べたことを紹介させていただきます。
1 聖ヤコブの遺骸を弟子がサンティアゴに運んだ時に船に帆立貝が付いていた。(聖ヤコブの墓がサンティアゴで発見されています。)
2 伝承:高貴な生まれの一人の騎士が、ガルシア海岸(サンチェゴ・デ・コンポステラのある海岸)に沿って行くと、馬が暴走し、騎士もろとも海に突っ込んだという。騎士は偉大な聖ヤコブの助けを祈願した。すると馬は水面の上にとどまり、再び岸までたどり着く事ができた。水から上が った時、騎士は無数の貝殻で覆われていた。この貝殻が帆立貝のようである
3 キリスト教において貝は生命のシンボルだから。

【】
ありがとうございます。フランスでは巡礼の道をサンジャックの道と呼ぶので、それでシンボルと言うか道しるべのようにして使っていた可能性はありますね。例えば分かれ道に帆立貝を木や石にくくりつけておけば、貝は白くて目立つから良い標識になるでしょう。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。