2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9401a.jpg

バスは早朝のセーヌ河沿いにパリに向かいます。京都芸術大学の学生にとっておそらくパリは初めてでしょうから、きっといろいろな所に行きたかったのでしょうが、今回のツアーはフランスとイタリアの中世の美術を訪ねる旅なので、パリはほんの付け足しという感じで、フリーの日が1日しかなかったと思います。

90401b.jpg

画学生ですから当然ルーブル美術館などに行ったと思うのですが、僕はその日に何をしたか記憶がありません。まだ出会ったばかりだし、パリを案内しなければならなかったわけではないので多分普通の日常だったのでしょう。

90401c.jpg

翌日はパリを出発し、シャルトルの大聖堂に寄りました。シャルトルはロマネスク様式ではなく、その後のゴシック様式ですが、ステンドグラスの美しさで有名で、後にユネスコの世界遺産に登録されました。特にシャルトル・ブルーと呼ばれる深い青は現代の技術では再現できないとの事です。

90401da.jpg

カテドラルの左右の塔の様式が違うのが特徴で向かって右は後期ロマネスク様式、左がゴシック様式です。

90401h.jpg

当時のシャルトルのステンドグラスは外部のほこりで汚れていて、そのためやや暗い感じがしたが、それが却って海の中にいるような神秘的な雰囲気をかもし出していました。

90401n.jpg

90401g.jpg

バラ窓には聖人が描かれています。

90401k.jpg

【】
シャルトル・ブルー・・・どんな深い神秘的な青色なのでしょう、いつか見てみたい。

“あなたの目よりも青く”のシャンソンはシャルル・アズナヴールが作詞作曲したもので
あなたの目よりも青いすてきなものはない・・・とエディット・ピアフが歌っています。
おそらく恋した女にとってはシャルトル・ブルーでさえメじゃないのでしょうね。

カザンさま
いよいよ明日2度目のリサイタルですね。
「僕はコンサートホールにいるときが一番の幸せ」だと以前どこかに書かれてましたが
よもやご自分が客席ではなく舞台で歌うなんて一年前は夢にも思っておられなかったことでしょう。
明日、十和田の会場付近で遊んでるスズメがいたらそれは千草です。
 Good Luck!v-22
【】
今日は最後のピアノ合わせです。ところでピアフとは小雀の意味ですが千草さんも歌うのですか?
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。