2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリの美術学校に通い始め、少し経った頃に1人部屋に移ることが出来ました。とはいえアトリエはありませんから狭い部屋で描くことになるのですが、同室者を気にしなくても済むのはありがたいことです。しかしこの頃あまり絵を描いていた記憶がない。

多分絵を描くよりも新しい環境に慣れることやパリの街を歩いて見る事の方が面白くて、小さな部屋にじっとしては居られなかったのではないかと思うのです。まあ絵はいつでもどこでも描けるけれど、この2年間は出来るだけパリやフランスを知りたいと思った訳ですね。勉強しなかった自己弁護かも知れませんが、、、、、、

80410oo.jpg

ここが新しい住居のアール・エ・メチエ館で、フランス館の一つです。

さてこの頃の生活は、毎月の生活費500フランを支給されるとまず寮費を支払い、1か月分の学生食堂の食券を買います。残りは自由に使えますが、大半を音楽会と交通費に使いました。この頃大学都市の近くのカフェのコーヒーが1フラン(60円)、学生食堂の食券が2フラン50サンチーム程度だったと思います。

90227a.jpg

90227f.jpg

90227c.jpg

学生食堂は政府が援助しているので破格の安さで、月500フランではとても市内のレストランで食事をすることは出来ません。

よく言われるのですが、パリの街はお金あればいくらでも使って楽しめますが、無ければそれなりの楽しみ方があり、ただ当ても無く歩くだけでも街並みや建物のの美しさや人間観察で時間を潰せます。一杯のコーヒーで長い時間カフェのテラスに座っていることも可能だし、リュクサンブール公園やサンミッシェル界隈はメトロで簡単に行けたので良く行きました。


【はじめまして!】
こんにちは。少し前から読ませてもらってます。
パリ・・・。いいですねv-498私も数年前に行きました。初めての海外でツアーも組まずにドキドキでしたが、なるべく観光地のみで「地球の歩き方」なんかを見ながらつたないフランス語と英語で歩き回ったものです。
ルーブルやオルセーにも行ったけど、あまりに広くて時間のない旅行者には早足を強いるほどでした。
もっとゆっくり見たかったな・・・(´・ω・`)

カザンさんの写真とっても素敵です!特にアングルが、さすがに画家ですね。花や庭の写真も見ていてうっとりしますv-353
カザンさんのアルバ・ガーデンもよろしかったらまた見せてくださいねv-254
【】
ヨーロッパは広くて見所がたくさんあるのでいくら時間があっても足りません。知らない土地に行くのはドキドキですがそこが旅のいいところです。アルバ・ガーデンはもう管理し切れなくて手放しました。またいつか日本でと思っています。
【今晩は!】
カザンさん、お返事ありがとうございます。
アルバ・ガーデン手放されたのですか・・・。残念です。確かに庭の管理は大変ですね。私も雑草やら害虫やらで梅雨時から休む暇もないくらいです。
でも、いつか造る日本での庭を想像するのもわくわくしますね!
【】
日本ではどこで庭を造ればいいかはなかなか難しい問題です。梅雨はあるし、害虫は多いし、雑草の生えるスピードも日本の方が早いように思いますから、ヨーロッパに比べて苦労がずっと多いですね。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。