2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月から新学期が始まるから、パリの美術学校に登録しなければならない。政府の留学生なので大学卒業の書類さえ出せば入学は問題ないが、後は師事する先生を選ばなければならない。

当時はサンジェ、マッティ、シャプランミディなどの教授がいて、シャプランミディは非常にアカデミックな絵を描き、当時の僕は今とは全然違う感じの油絵を描いていたので作風が合わず、結局現代的な画風のサンジェのクラスを希望した。

ところが他のクラスは生徒がまばらなのにサンジェのクラスはものすごく混んでいて、毎朝早くに行かないと描いている途中の絵をどかされて描く場所がなくなってしまう。

初めてパリの美術学校に入学したフランスや各国の学生と、今まで5年間東京芸大で絵の勉強をしていた僕とでは熱意の差があり、だんだん場所取り競争から外れていく結果となり、デッサン室で人体のクロッキーをしたりしていました。

政府から生活費をもらっているので形式的には学校に登録していなければなりませんが、行く行かないは自由です。

90226b.jpg

パリの美術学校はボナパルト通りのセーヌ河に近いところにあります。

90226a.jpg

入り口には二つの胸像が、、、誰でしょう?

90226c.jpg

90226d.jpg

ここは彫像が立ち並ぶ大きなギャラリーですが、デッサンをしている人を見たことがない。

90226f.jpg

いつでもモデルがいるデッサン室ではたくさんの学生がクロッキーをしているが、誰も昔の彫刻をデッサンしようとは思わないのでしょう。

90226e.jpg

彫像もだいぶ欠けています。

90226s.jpg

ボナパルト通りはサンジェルマン・デ・プレの教会からセーヌ河に抜ける細い通りで、教会の向かいにはレ・ドゥ・マゴのカフェがある。

90226q.jpg

カフェはいつも混んでいます。場所がいいからね。

90226r.jpg

90226j.jpg

美術学校の近くのボナパルトの通りは目立った店もなく、暗い感じがします。

90226h.jpg

30十年以上前にサン・ジェルマンでマカロンを食べたことがあります。その時あまりのおいしさにびっくり!マカロンで有名なお店だったから多分ボナパルト通りのラデュレだったと思うのですが、最近ピエール・エルメのお店が同じ通りに出来ました。

90226k.jpg

ピエール・エルメのマカロンは絶品。

90226x.jpg

90226m.jpg

日本ではホテル・ニュー・オオタニにピエール・エルメのお店があり、マカロンも売っていますよ。

この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。