2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の運命は最初から決まっていると言う人もいるが、無宗教の僕はそうは思わない。いずれにしろ僕が東京芸大に行ったということは現在置かれている状況に決定的な影響を与えたことは間違いない。

高校3年生で芸大受験を目指していたとき、担任から慶応の経済学部なら受かるから芸大の滑り止めに受けたらどうかと言われたが、全然行く気がないところを受けても意味がないから、もちろん願書は提出しなかったけれど、もう1人芸大を目指していた女子がいて、彼女は芸大受験に失敗して、慶応の経済に行ってしまった。
先日高校の1年の時のクラス会があり、悠々自適かどうかは知らないが、半分はリタイアしていて、働いているとしても出向先の役員のような仕事が多く、既に第一線からは退いている人がほとんどでした。

僕がもしほとんどの生徒と同じように普通の大学に行っていたら、企業戦士として働き、全く別の人生を送ったことだろう。それに耐えうるものかどうかちょっと想像できないのだが、同時に二つの人生は歩めず、どちらが良かったかは永久に分からない。

小さい頃、家にピアノがあったりしたら、音楽家になっていただろうことは想像できるが、戦後すぐでは小学校低学年でピアノを弾いている生徒はクラスで1人ぐらいしか居なかった。現在音楽を職業としている人でも、声楽と管楽器以外はほとんど自分の意思というより、身近に楽器がある環境にあったか、親の意思で楽器をさせられた人がほとんどで、続けられず音楽から別の職業に転向した人は数知れずでしょう。

僕の場合は、音楽家になることは全く目標とは成り得なかったので、挫折感は皆無だし、一応まだ画家を続けているので、思うような絵が描けなくても実力が足りないと思うだけで、屈折した感情を持つこともない。
だが、もし第二の選択として普通の大学に行ったら、誰かの展覧会を観て、本当は自分の方が上手く描けるのに、などと勝手なことを考えないという保障はない。学生の頃はそのうち先生よりいい絵が描けるようになるだろうと、恐れを知らぬ思いを持ってしまう程だったと思うから、、、

90201a.jpg
ルドン「ヴィーナス誕生」

今日はドビュッシーの「月の光」です。

この曲は初期の「ベルガマスク組曲」の中の一曲だが、どうしてベルガマスクかというと色々な説があるようだが、今歌っているフォーレの「月の光」にも「マスク(仮面)とベルガマスク」と言うフレーズがあり、ヴェルレーヌの詩から取ったとも考えられる。ヴェルレーヌにしても韻によるリズムのために選んだ言葉かも知れなく、アラベスク(アラビア風)とかベルガマスク(ベルガモ風)という言葉は、フランス語の音声的にもエキゾチシズムを醸し出す効果があるように思うから、それほど深い意味はなく、単にドビュッシーが語感的に気にいった言葉かも知れない。こう考えるのは自分の絵にタイトルをつけるとき、いい加減に付けていて自分でも何と言うタイトルだったか忘れてしまうのだが、ドビュッシーとカザンを同列にしてはなんとも失礼なので、ベルガマスクには余人の伺い知ることのできない深い意味があるということにします。

ピアノで演奏された「月の光」

Clair de Lune Piano

ギターの二重奏で演奏された「月の光」

Clair de Lune by Presti Lagoya

ヴァイオリンで演奏された「月の光}

Clair de Lune David Oistrakh


【ドビュッシー】
こんばんは。
月の光はとても美しい曲ですね。
ドビュッシーのピアノ曲は好きですが、この曲は特に美しく、天才にしか描けない世界だと思います。
ちなみに、私が一番好きな曲は、「前奏曲集」の「沈める寺」です。ミケランジェリのCDを聴いたときの衝撃は忘れられません。
これらの曲を聴くと、ドビュッシーが残した次の言葉が思い浮かびます。
「音楽は、なによりも自由でなければならない」
【】
ドビュッシーの「月の光」は、何度聞いてもすばらしいですね。
ウォークマンに入れていて、よく聞いています。
ヴェルレーヌの詩にはフォーレの他、ラヴェルやドビュッシーも
曲を書いているという説があるので共通性があると思います。
やはりこの曲はピアノが一番です。人それぞれに情景が見えるのではないでしょうか。湖水・木々・噴水・・・・・


【】
もう36年位前になりますがパリでミケランジェリの演奏を同じプログラムで3日続けて聴いたことがあります。曲はシューマンの「謝肉祭」、ブラームスの「間奏曲」、ドビュッシーの「映像第1集」でしたが、どの曲も素晴らしく、貴重な体験でした。ドビュッシーの前奏曲集はやはりパリでポリーニの演奏でしたが、これもすごくて、僕が聞いたポリーニの最高の演奏会でした。

【】
和音の組合せでかくも美しい世界が出現するという音楽の世界は不思議で深いに思えます。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。