2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コリダリスにはエンゴサクと言う和名があるのはドラマの「風のガーデン」で初めて知ったのだが、北海道にはエゾエンゴサクの自生地があって群生しているころがあるようです。
漢字では蝦夷延胡索と書くのですね。 コリダリスには色々な色があるがなんといっても鮮やかな青い花”チャイナ・ブルー”が魅力的。

90106a.jpg

チャイナと言うようにもともとは中国が原産で、日本には薬草として入ってきたようだ。高温多湿には弱いので東京あたりで夏を越すのは難しいが北海道では冬は雪に覆われ夏は涼しいので夏越えが出来る。

エゾエンゴサクとコリダリス”チャイナ・ブルー”は異なる品種に見える。エゾエンゴサクの方は野生的で地味な印象だがチャイナ・ブルーは園芸種的に花も大きく青い色彩も鮮やかな感じがする。「風のガーデン」で使われていたのはエゾエンゴサクではなく、コリダリス”チャイナ・ブルー”にしか見えなかったが、野生種は勝手に採取することが出来ず、ドラマでは代わりに市販されている”チャイナ・ブルー”の球根を使ったと言うことだろうが、フィクションだから許される。

90106b.jpg

また貞美の使っていたキャンピング・カーが移動したあと、周囲にエンゴサクが咲いていてキャンピング・カーのあったところだけ地面が露出していたが、いくら数ヶ月間車の陰になっていたからといって、春になって下草の一つも生えないなんてあり得ないと思ったが、それはドラマを効果的に見せるための演出であり、その着想に敬意を表する。

ついでながらキャンピング・カーと言っては英国では通じないでしょう。フランス語でも同じだがキャラヴァンと言う。和製英語なのかあるいは米語なのかは良く知らないが、、、

ところでヨーロッパでは長い距を持つこの花を小さな魚に見立てるが、確かに小さな青い魚の群れが泳いでいるように見えませんか?



この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。