2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザンクト・アントン付近は天候が思わしくなく山歩きには向かないので、ドイツのチロル地方のミッテンヴァルトという小さな町に行くことにする。この町を最初に訪れたのは35年以上前で、静かな小さな村という感じだったが、現在では観光客でにぎわい様変わりしている。

ミッテンヴァルトはもともとヴァイオリン制作の地であり、以前訪れた時にはいくつか工房があったが、現在では通りを歩いた限りでは工房は見当たらない。これも時代の流れと言うものだろう。

ヴァイオリンの制作には芸術的ともいえる職人の技が必要だが、そういう伝承的な技術はヨーロッパでは途絶えつつあるようだ。生活費の高い西欧では周辺の東欧や、さらには中国などにはとても価格の上で太刀打ちできない。

この町は壁面に絵が描かれた建物が美しいので多くの観光客でにぎわっているが,、ヴァイオリン制作だけだったら忘れ去られた町になっていたかもしれない。

事情は違うがイタリアのサン・ジミニアーノという塔がたくさんある小さな村も35年前と現在では大変な違いがある。以前は夕方になれば寂しいくらいに人気のない静かな村だったが、最近では夜でも観光客であふれている。そしてパスタもあまりおいしくなくなってきた。

80818a.jpg

さて、ほとんどの小さな観光地がそうであるように、車を周辺のパーキングに置いて歩いて町を巡ることになる。

80818e.jpg

メインストリートにはたくさんの椅子が並べられ、オープンカフェとなっている。

80818b.jpg

そしてほとんどすべての家の壁に絵が描かれている。

90818d.jpg

絵の題材は宗教的な題材が多いようだが、この家も以前は壁全体に絵が描かれていたのだろう。

80818h.jpg

アートの町にふさわしい佇まいです。

80818f.jpg

80818g.jpg

教会の鐘楼にも聖人の絵が描かれている。

80818m.jpg


wink.gif人気ブログランキングに参加しています。
ウィンクキャットをクリックするとこのブログの順位が上がり、
さらにたくさんの花ブログを見ることができます。
お帰りにポチッと足跡残していってね♪


heu.jpg←エジンバラ植物園




この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。