2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテル・ゾンネ・フェックスの近くにはほんの数軒の小さな集落があり、レストランやB&Bもあります。

80812d.jpg

どの家も花で飾られて、

80812f.jpg

やはりゼラニウムが目立ちます。

80812i.jpg

ハンギングにはフクシャ

80812ga.jpg

80812c.jpg

一輪車は土を運んだりするのにとても役に立ちますが、このあたりではミルクの缶を運んでいたかも知れません。地方によっては猫車と呼ぶところもあるようです。何で?猫車の由来

80812h.jpg

馬の水飲み場。

80812ea.jpg

窓の扉(日本語でなんと言うのでしょう?雨戸ともイメージが違うようですが・・・・)のペンキの色がシックでいいですね。

80812aa.jpg

こういうスタイルはヨーロッパでは時折見かけますが、ノスタルジックでいいですね。

80812b.jpg


wink.gif人気ブログランキングに参加しています。
ウィンクキャットをクリックするとこのブログの順位が上がり、
さらにたくさんの花ブログを見ることができます。
お帰りにポチッと足跡残していってね♪


heu.jpg




【】
どれもこれも道行く人のために飾ってくれているのでしょうね。

窓辺に花を飾ってるお宅は時々目にしますが、ある住宅では雨の日になると
透明なビニール傘をひとつひとつにさしかけていて、通るたびに
まだ見ぬ人の思いやりにホノボノとしてきます。

>窓の扉(日本語でなんと言うのでしょう?)

よろいまど(鎧窓)というみたいです。
日本の住宅は屋根のひさしを長く、あるいは各窓のすぐ上に小さなひさしを
取り付けることが多いので外国ほど普及していないのではないでしょうか。
【】
道行く人のためと室内から窓の花の変化を眺める楽しみとの両方でしょう。

ヨーロッパの家は壁が厚く、窓が引っ込んでいるのでひさしをつける必要はありません。よろい戸は長期に家を空けるときだけに使い、夜毎に閉めることはありません。

スイスではペアガラスが標準ですし、スキー場などではさらに内側にもう一つガラス窓があって3重に保温されています。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。