2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩いているのはこんな道ですから濡れていなければスニーカーでも大丈夫です。

80715k.jpg

花を見て、写真を撮りながらだからなかなか湖に近づきません。

80716c.jpg

沢まで花が続きます。

80716a.jpg

ゲラニウムの群落!そしてその先にはアルペン・ローゼ!

80716h.jpg

ゲラニウム・シルヴァティクムのようです。

80716b.jpg

さて、次のピンクの花がアルペン・ローゼなのですが、どう見たってバラ科ではない。

80716i.jpg

一見ツツジかシャクナゲのように見える。

80716g.jpg

それもそのはず、ツツジ科のロドデンドロン・フェルジネウムという学名がついています。スイス・アルプスの3大名花の一つです。もう一つは既に出てきたゲンティアナ、そして最後は名高いエーデルワイス!果たしてお目にかかれるでしょうか?乞う!ご期待!、、、に応えられないかも、、、

80716d.jpg

黄色い花もいろいろあって、

80716e.jpg

かわいいヴィオラもありました。

80716f.jpg

進むに従って花が多くなって行きます。


wink.gif人気ブログランキングに参加しています。
ウィンクキャットをクリックするとこのブログの順位が上がり、
さらにたくさんの花ブログを見ることができます。
お帰りにポチッと足跡残していってね♪


heu.jpg←ウィズリー・ガーデン




【】
ステキな登山道ですね。
ゲラニウムの群落も素晴らしい!

フウロソウ、アルペンローゼのようなツツジ科の花、スミレなどは北海道(広いので道南は知りませんが)では一般的には低山に多く見られます。
そして、リンドウなどは少し標高の高いところにあるので苦労して山に登った人にしかその小さな輝く紫の姿を見せてくれません。
スイスは気象条件が違うのか、いろいろなお花が混在して、誰もが楽しめていいですね。

写真を見せていただいただけで、胸の中に澄んだ空気が入ってきたような・・・そんな爽快な気持ちになります。

ヒマラヤのケシのことですが、もう何年も前から親戚のものが育てていますが、北海道ではうまく育つようです。ちょうど開花した時にみたこともあります。
青というより水色ですね。
今年はお花屋さんで苗が売られていました。





【】
青いケシ、言葉が足りないような気がしますので、もう少し書かせてください。

私は長い間、山の花の魅力のとりこになっていましたので、ガーデニングをする気になれなかったのですが、それで、青いケシもそうでしょうが、うちの母など高山植物をたくさん庭で育てていましたが、山で見る高山植物魅力とは比較にならないなどと思っていましたので・・・・。

どのように表現していいのかわかりませんが、青いケシもヒマラヤの山中で見たらどんなにステキでしょう・・・・・。
スイスの花はスイスで・・・・。
(エーデルワイスはわが家の庭にはありますが、ついにスイスで見ることはできませんでしたが)

でも最近は、たとえばオダマキ、山のオダマキは小さくてそれは美しい紫色、オダマキの群生する山へその開花するのを見たくて3週連続登ったこともありましたが、品種改良された色とりどりの背の高いオダマキにも魅力があると思えるようになりました。

ということで、山もガーデニングもどちらも楽しみましょう!
山へ出かけられなければ、育てて楽しむのもOKですよね。
【】
北海道でもそうでしょうがスイスの高山やスコットランドでは春の花と初夏の花がほとんど同時に咲きます。
同じ花でも山で見るのと平地で咲かせるのは違うでしょうが、人間は美しいものはなるべく身近に置きたいと思う願望がありますからね。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。