2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次の目的地はエンゲルベルグです。グリンデルヴァルトやツェルマットは何度か行っているので、今回の旅は今まで行っていない所を巡ります。

80710i.jpg

エンゲルベルクに行くにはルツェルン湖を半周しなければなりません。湖畔のドライブもいいのですがホテルのマダムがフェリーで対岸に渡れるからと教えてくれたので、フェリーを使うことにしました。

80710a.jpg

これが今回借りたフォードで結構スピードが出ます。山越えのくねくね道をBMWと張り合ってしまいました。

80710b.jpg

カーフェリーの前部から対岸を望む。

80710d.jpg

バイク、自転車、徒歩の乗客もいます。カザンはフェリーが好きなのでフランスからイギリスに渡るときも海底トンネルを使わずほとんどいつもフェリーを使います。英仏海峡を渡ったという実感があるからです。

ヨーロッパのフェリーはとてもきれいで、レストランもいい感じなのですが、日本でも仙台・名古屋間のフェリーはヴァイオリンとピアノの生演奏があったりして楽しめました。ただ、レストランは優雅にワインを傾けて、という雰囲気がありませんでした。

80710e.jpg

みんなリラックス。

80710z.jpg

あーっ、

80710y.jpg

ジェット機の編隊です。

80710x.jpg

宙返りをして山陰に見えなくなったと思ったら、、、、

80710f.jpg

突然現れました。

80710ga.jpg

ギューン!

80710h.jpg

接触して墜落したら一大スクープなんて思ったけれど、いやはや、お上手です。

80710j.jpg

思いがけない航空ショーを楽しんでいるうちに対岸に近づいてきました。

80710s.jpg

素晴らしい空の舞はまだ続いています。

80710t.jpg

でも地上の眺めも捨てたものではありません。


wink.gif人気ブログランキングに参加しています。
ウィンクキャットをクリックするとこのブログの順位が上がり、
さらにたくさんの花ブログを見ることができます。
お帰りにポチッと足跡残していってね♪


heu.jpg



【旅上手】
旅行をお世話様でした。
いやぁーこの、フェリー移動は実感でそのまま、
見ている当方にも臨場感が伝わります。
久しぶりにスカッとしました。
カザンさんのお心のままに行動してほしいですね。
的をシボル紹介が上品でいいです。
有難うございました。
【】
心のままに行動するというのはなかなか難しいですよ。曲芸ジェット機の操縦は無理だとしても、パラグライダーをやりたいとか、オートバイでツーリングをしたいとか、、、欲望にはキリがありませんから、、、
【エンゲルベルグ】
エンゲルベルグというと、天使の山、といったところなのでしょうか?
スイスはどこでもそうなのでしょうが、美しいところですね?
戦闘機、矢印模様みたいで面白いですね・・
スイスってのどかな風景からは想像できないような軍事大国(?)なのですよね?
わたしもあちこちのレストランで注文が後から入ってきた大勢の兵隊さんの後回しにされて、「ふ~ん・・」という経験を致しました。
本当に国を守る兵隊さんを大事にしていて、優先されているようですよね?
いきなり、あの美しい風景の中に、最新(?)戦闘機がキ~ン・・と現れるミスマッチ・・(笑)
昔、スイスに永住したい、などという夢を抱いていたことがあり、
実際スイスに済む日本人から経済観念や日曜日の過ごし方、村の住人との関わり方、などをお聞きしてアゼンとしたことがあります・・・
住む、となると、やはり大変なのかもしれませんね・・
【】
スイス人気質は良く分かりませんが、都会と田舎では住み方がまるで違います。田舎では隣人との付き合い方が大切になりますが、あまり細かく干渉はされないと思います。
そんなにアぜンとすることがあるかな~と思うのですが、、、
【永世中立国】
こんにちは。
私が高校生だった時(何十年前なの~ぉ)社会の授業で、
 スイスは永世中立国なのに(中立国であるがゆえに)山の中 のトンネルに膨大な武器を保管している
と言う話を聞いた事を思い出しました。

それはさておき、やはり空気の色が違うのでしょうか。空・山・湖、どれも本当に美しいですね。
どこでもドアがほしいです。
【】
スイスは永世中立国だからといってEUにも加盟していないのですが、スイスは小さい国なので攻めようと思えば簡単なのでしょうが、中立国宣言をしたために攻めれば世界の非難を浴びること間違いなしで、美しい自然が空爆などで破壊されると想像したら周囲の国が守ろうと動くでしょう。ですからどの国もあえて手を出さないわけで、軍事的非力な国の賢い生き方でしょう。

空気は日本と全く違いますが、湖の色は氷河の溶けた水なので透明というより淡いトルコブルーのような色です。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。