2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河津バガテル公園のバラのもっとも華やかな時は終わってしまいました。

80705g.jpg

オープンして7年ほど経ったのでバラの苗も大きくなり、だいぶパリのバガテル公園に近くなって来たように見受けられます。

80705h.jpg

80705a.jpg

80705b.jpg

遅咲きの蔓バラはまだ咲いています。

80705c.jpg

キオスクはもちろんパリのバガテル公園のコピーですが、良く出来ています。おそらくそっくりでしょう。オランジュリー(英語ではオランジェリー)もパリ近郊で産する石灰岩を使ったのではないかと思うほど質感が迫っています。

80705i.jpg

80705d.jpg

80705f.jpg

メイヤン作出のプチ・トリアノン。

80705e.jpg

プチ・トリアノン風の建物もあるんですよ。


wink.gif人気ブログランキングに参加しています。
ウィンクキャットをクリックするとこのブログの順位が上がり、
さらにたくさんの花ブログを見ることができます。
お帰りにポチッと足跡残していってね♪


heu.jpg←「ロンドンのヴェニス」






【】
きのう今日の暑さはハンパじゃありませんが、そちらはいかがでしょうか?
ヨーロッパ編から涼をいただいています。

先月は岐阜のバラ園、今月は富良野のラベンダー畑での版画即売ですね。
来年は南へ。ハイビスカスやブーゲンビリアの咲き乱れる沖縄あたりでしょうか。
沖縄の民家や園芸店でバラを見かけたことは10数回のうち一度もなかったように思うので
バラの絵は希少価値かもしれません。。。v-254
【】
河津へは、開園から3年以上経ってから行こうと思って、数年間我慢していました。
伊豆らしい町並みを海沿いにずーっと見ながらたどり着いて、あの景色でしょう。
それはもう、別世界でした。

カザンさんから見ても、よくできているのですね。
開園にあたり、カザンさんにも声がかかったとは!
このブログがなかったら、そんなカザンさんとやりとりするなんて、ありえなかったでしょう。

リージェンツ・パークの写真も、いろんな思いが交錯しながら拝見しました。
私の英国旅行の目的地は、リージェンツ・パークとコッツウォルズだったのですもの。
私がその写真を載せるサイトを作ったから、カザンさんとのご縁が生まれたわけで…。
たった1回行っただけですが、感慨深いものがこみ上げてきてしまいます。
思い切って行動しておくものですね。
【】
昨日は富良野も暑かったです。まあ日陰にいればそれほどではないかも知れませんが、、、、

冬は沖縄もいいですね。もう本当に放浪画家です。

どのガーデンでもオープンしたては苗が小さく土ばかりですね。宿根草は最低3年経たないと自然な感じにならないし、バラも3年でかなり大きくなります。

インターネットでのつながりってこれからますます多くなりそうだし、パソコンをする人も急激に増えて来ましたね。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。