2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は河津バガテル公園の写真は6月20日頃のものです。あまり遅くなると結局お蔵入りになりそうなので、現在は北海道に滞在していますがあえてアップします。
河津バガテル・バラ園は言うまでもなくパリのブーローニュの森にあるParc de Bagatelleを模したものであるが、非常に忠実に再現している。

80626a.jpg

開園時間より前に着いたので、入り口の付近を撮影する。この部分はパリにはなく、河津のオリジナルではあるが、円錐形に刈り込まれた木がここからは世界が違うのだぞと主張しているようにも思える。

80626b.jpg

建物の建設と造園に当たってはフランス側のスタッフも来日し、着々と準備が進められた。
もう10年ぐらい前になるだろうか、伊豆でガーデニング・クラブを立ち上げていた頃、河津町の町議員から、これからパリのバガテル公園を河津町に作るのだがと相談を持ちかけられ、日本に住んでいなかったので何も出来なかったが、よくもここまで忠実に再現したものだと思わずには居られない。

80626c.jpg

パリとの一番の大きな違いは周囲の環境で、パリのバガテル公園からは山は見えない。だからパリのバラ園が日本の山奥にワープしたように感じられ、そこが一番面白く感じてしまう。

80626d.jpg

オランジュリーは冬の間、寒さに弱い樹木を枯れないように保護する施設だが、パリにあるよりも存在感が目立ってしまうのは周囲の環境が違うからだろう。

80626e.jpg

オランジュリーの前には、フランス語でパルテール(英語風に発音すればパーテア)、日本語にすれば単に「花壇」という意味なのだが、ボックス・ヘッジに囲まれたフォーマルな花壇が広がる。

80626g.jpg

80626h.jpg

80626i.jpg

さて、明日からはバラが登場です。

wink.gif人気ブログランキングに参加しています。
ウィンクキャットをクリックするとこのブログの順位が上がり、
さらにたくさんの花ブログを見ることができます。
お帰りにポチッと足跡残していってね♪


heu.jpg←「リージェンツ・パーク」

【日本にもバガテルがあるとは知りませんでした!】
あしたから、バラ、ですか?
とっても楽しみです!!
いつもカザンさんの花のブログ、楽しみにしております!!
【Danseuse d’Izu  Dancing Girl of Izu ( 伊豆の踊り子 )】
2001年、5月9日のグランドオープン時には高円宮殿下・妃殿下もご臨席なさいましたね。
翌年47歳で急逝されるとは夢にも思いませんでした。

オランジェリーの前に植えられているという当公園シンボルのバラ・伊豆の踊り子(フロリバンダ)、
私も数年前植えたのですが、2年目に枯れてしまいました。ショックでした。パリのバガデルで
国際バラ新種コンクールで特別賞に輝いたバラなのに、、、何がいけなかったんでしょう。
フロリバンダなんて丈夫だからとチャチャといい加減に植え込んだから?愛情不足かも。

【】
河津に行った時は既にバラのピークは過ぎていました。二番花が咲き始めるという時期だったのですが、最もきれいな時には花フェスタに居たので、、、、

伊豆の踊り子というバラはどういう花か知りませんが、寒さに弱かったのでは?
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。