2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽井沢レイクガーデンの湖の中のもっとも大きい島はナチュラルガーデン風になっていて、木々や草花の小路の逍遥が楽しい。

80624a.jpg

2年前の夏に軽井沢に滞在していた折に、レマン湖の名前に惹かれてこのニューレイクタウンに来たが、別荘地内に入るだけでパーキング代として有料だったし、スイスのレマン湖とは比べるべくもないと思ったので湖を見なかったが、きっとその時から工事は始まっていたのでしょう。

80624b.jpg

ピンクのドワーフ・タイプのフロックス

80623a.jpg

ヒューケラ(ツボサンゴ)とセイヨウオダマキ(アクィレギア)

80623b.jpg

たくさんの蝶が舞うような距の長い白いオダマキは魅力的。

80623c.jpg

チョコレート色のヒューケラはなくてはならない貴重な存在。

2006年のブログのヒューケラ特集

80623d.jpg

ここにもパーゴラが、、、水の流れる音が聞こえ、ロックガーデン風。

80623e.jpg

涼しげカラーですね。この青い花の名前がわからない。ラミウムでもプルモナリアでもないでしょうし、、、

80623f.jpg

人工的に渓流が作られていて、、、絶え間ない水音が辺りに響く。

80623g.jpg

こんなの庭に欲しいですね~。

80623h.jpg

ここはラビリンス・ガーデンと名付けられている。Labyrinthとは迷路とか迷宮の意味だから、うっかり踏み込むと永遠に出られなくなりそうなので、遠くから眺めることにして、、、、

80623i.jpg

パーゴラにに咲いていたピンクの蔓バラが気に入ってしまいました。Blush Boursaultという名でブラッシュ・ブルソールと書かれていますが、Blushは英語、Boursault はいかにもフランス的な名でフランス語的に発音すればブルソーだから英語風に発音したのでしょう。1848年、イギリスのPeter Bealesの作出です。

Boursault は17世紀半ばのフランスの作家のEdme Boursaultのことでしょうか?
チーズにもブルソーというのがあるようですが、、、


wink.gifサーシャをクリックするとポイントアップ♪ 今日は何位かな? 
それではまた明日お会いしましょう!


heu.jpg←今日は「ブロードウェイ」です。

【Kazan熱愛?のヒューケラ・・・】
昨夜は39番のCD(KV543)をBGMにして眠り、わが家にはカザンさんのブログがきっかけで
やってきた植物もいくつかあるのに、このヒューケラをどうして好きになれないのかなぁ?
園芸上級者になれたアカツキには‘千種も大好きです!’とコメントできるでしょうか。

野村和子さんの本にブラッシュ・ブールソール、掲載されてました。
オールドローズのブールソール・ローズ系統の一つで香りがない、一季咲き、
花形もあまり歓迎されなく忘れられた存在になりつつあるそうです。
レイクガーデンで、多くの人々に、カザンさんのような方の目にとまると幸せでしょうね。

ブールソールはパリで大規模なバラのコレクション庭園を持ち、19世紀初めに生みの親となり
氏の名が系統名になったとか、私もこの系統のことは初めて知りました。
ロサ・キネンシスの血を引いているためでしょうか、ウチにある赤系の庚申バラに表情が良く似ています。
【】
ブラッシュ・ブルソールは花の形が不完全なところが気に入っているのですが、それならニュードーンの方がいろいろな点で優れているのかも知れません。軽井沢レイクガーデンで唯一と言っていいくらいに咲いていたから目を引いたわけで、他のバラが咲き出したら目立たなくなるかもです。
【】
アメリカ留学のブログを運営しています♪今後の参考に…と思っていつも遊びに来てますよwレイアウトとか文章とかすごく上手で…参考になります。ジャンルが違っても新しい発見ばかりで…とりあえずコメントを残しますw
長々すみません。これからも楽しいブログをよろしくです^^;
【】
ヒューケラの名は、可笑しいし、他にもチョコ、プディング、マーマーレードとか、お菓子みたい。
美味しそうな葉ですし。お腹が空いてきます。
こういう、ネーミングならば、私はすぐに覚えられますが。

海外の花名は皆無で頭に留まりません。
(あの花、なんとかっていう花)で通じるので。
この、地球にどれくらいの植物名があるのですかね。
先生のブログに次々と登場される緑や、花、
すごいことです。
【】
カザンさんの目から見ても、とても散策が楽しそうです。
やっぱりぜひとも行かなくちゃ!

ブロードウェイの写真もため息出ました。
アッパーストリートの町並みを歩いてみたいです。
はぁ、コッツウォルズだけでも、行きたい所だらけでどうしましょ。
カザンさんのブログは罪作りです(笑)。

リージェンツ・パークのニュードーンがキレイだったことが懐かしく思い出されました。
【】
新種の植物の名前を付けるのは楽しいでしょうね。花の名前は無限と言っていいほど多いので覚えるのが大変です。
ブログの場合はわからなければ「わかりません」と書きますが、いつも「何とかって言う花」という訳にはいきませんから一応調べます。

軽井沢レイクガーデンとA&Wボタニックガーデンはお勧めです。

ブロードウェイの素敵なB&Bもお教えしましょうか?
【】
> ブロードウェイの素敵なB&Bもお教えしましょうか?

ぜひお願いします!
B&Bって、私のようなアルコールの飲めない女旅だと、夕飯に困るんですけど、ブロードウェイなら何とかなりそうです。^^


この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。