2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽井沢レイクガーデンのバラ園は大野耕生さんのデザインと監修により、デヴィット・オースチンのイングリッシュ・ローズが中心になっています。株の充実振りは素晴らしく、見事な花が咲くことでしょう。

80621a.jpg

バラ園はレストランに隣接してあります。

80621b.jpg

80621c.jpg

軽井沢では真冬の気温がマイナス15度ぐらいになるので若い蔓バラは凍ってしまうようです。パーゴラの組木が見えなくなるほどに育つかは見守るしかないが、もしも蔓バラのアーチが実現したら夢のように美しくなるでしょう。

80621da.jpg

80621f.jpg

バラのトンネルの下を歩くと言うのは誰でも憧れてしまうのでは?

80621ga.jpg

80621h.jpg

夕方だったのでレストランはまだ開いていませんでしたが、テラスでのハイティーも素敵です。

80621k.jpg

80621l.jpg


wink.gifサーシャをクリックするとポイントアップ♪ 今日は何位かな? 
それではまた明日お会いしましょう!


heu.jpg←今日は「夏雪草」です。

【初めまして】
カザン様初めまして

だいぶ前からこちらの美しい写真を拝見させていただいてました。初めてのコメントを書かせてくださいませ。

>あなたの新鮮な感動を奪うという害もあるでしょう。だからイントロだけ紹介して、肝心なところは見せないという方が親切かな?

と、先日お書きになられてましたが、花や植物は一日たつと、午前中と午後でも、様子が変わっているのがわかります。家の庭でさえもそう感じます。植物にも生きている時間のなかでの一瞬でそのときかぎりの表情があり、咲いている花もちがうであろうし、10分後に虫や鳥が花びらをついばんでしまうしれませんし、優良な庭園なら植物の組み合わせも頻繁に変えたりしてるであろうし、カザンさんの撮影表現で肝心なところ?(花や植物のことですよね?)までも見せていただきたいです。

紹介なさっているところは私が住んでいる東京多摩地方からはちょっと距離があってなかなか時間がとれなくて見にいけませんし、外国はなおさらでございます。私の画像記憶能力は100画素100キロバイトくらいしかないので見に行く頃にはすっかり忘れているであろうしv-15

ターシャ=テューダーさんが亡くなったとの報道がありましたね。ターシャさんの庭の写真を検索していたのが、こちらのブログを拝見するようになったきっかけでございました。
【】
広い土地を確保するためにほとんどの庭は交通不便なところにあるように思いますから、公共の交通機関で行くとなると大変です。せっかく行っても期待を裏切られる結果になることもあるでしょう。

この軽井沢レイクガーデンは現在でも魅力的ですが、後3年もしたら本当に素晴らしい庭園になるでしょう。
【夏のレイクガーデン】
kazanさん、こんばんは。2ヶ月もたってのコメントで恐縮しますが、おつきあいください。
6月に、こちらで数日つづけてここの紹介記事を拝見したときは、衝撃でした。日本に、こんな庭をが存在する事が驚きだったのです。水生植物と、宿根草、魅力的な樹木、そして湖のおりなすまばゆいばかりの空間。そこを歩きたい、ゆっくりと流れる時間を堪能したいと感じたものです。
そこへ、今週頭、行ってきました。すばらしいの一言です。花は隆盛をすぎていますし、返り咲きの薔薇も、ハイシーズンのそれにはおよびもしませんが、もともと満開時よりニュアンスをかんじて、これぐらいの密度が好み事もありますが、ゆったりとした印象を庭にプラスして、想像力をかきたてられる庭でした。
私が一番感動したのは、さわやかな印象を与え、心憎いアクセントをプラスするる樹木の数々です。歩きたくなる小径、空間を味わうために座りたくなるベンチ、夕刻には陽を受けて輝く水辺の植物。どれをとっても、また、何度も訪れたくなる庭でしたよ。施工から1年とはとてもおもえません。
レストランの窓から切り取る形で見える山々を借景とした庭の情景も、期待感をアップして、早く庭へ降りたいと感じさせてくれました。

こちらのblogを最初に拝見したのは、ずいぶん前の事で、HPからのリンクでした。イギリスの庭の事を検索していたときだったのですが、今年は、夢にまで見た英国の庭に、薔薇の先駆けの時期に訪れる事も出来ました。いつも、すてきな情報を私たちにありがとうございます。本当に感謝でいっぱいです。
【】
蔓バラは寒さで先端が凍ってしまいがちのようですが、寒さに強い宿根草には理想的な環境ではないでしょうか。樹木や宿根草のハイレベルな選択、その配置も実に適切だと思います。来年が楽しみですね。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。