2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネス・ボタニック・ガーデンズ(植物園)はエジンバラの植物園やロンドン近郊のウィズリー・ガーデンなどと似た性格で、レア・プランツの宝庫です。世界中からプランツ・ハンターが集めた植物が展示されているのだが、学術的に植えれば良いというのではなく、庭園の形として美しく構成されている。

ところがパリやディジョンの植物園などでは植物がアルファベット順に植わっていて、しかも見たいと思う植物のところは土しかなかったりで、ちっとも面白くない。

最初の写真は日本の細葉のモミジだがこれだけ大きく育つには何年かかるのだろう。この庭の歴史は110年だが、、、、

80502a.jpg

こちらはニュージーランドの植物ですね。

80502c.jpg

池にはブラジルから来たグンネラの巨大な葉

80502l.jpg

池に浮かぶ楕円形の葉の植物はAponogeton distyachosで小さな白い花が咲く。

80502w.jpg

プリムラ、和名はクリンソウかな?

80502x.jpg

ペルシカリア・ビストルタはどこでも育つが水辺で群生する。

80502u.jpg

ハンカチの木は中国から

80502x2.jpg

ライラックはトルコから

80502r.jpg

ピオニーは中国から

80502j.jpg

ヴェルバスクム

80502y.jpg

ユーフォルビア

80502cs.jpg

ラブルヌム(キングサリ)のトンネルもある。

80502t.jpg

ここはキングサリのトンネルで有名なボドナント・ガーデンにも近い。

80502h.jpg


wink.gif←人気ブログランキングに参加しています。今日も応援ありがとう♪

heu.jpg←今日は「ヴォー・ル・ヴィコント城」

【花に出会う】
各国の花が咲いてとても華やかです。
ブラジルの巨大な葉は印象的でした。
【】
イギリスはもともとは植物の種類がすごく少なかったようです。それがプラント・ハンターのお陰で今では園芸大国です。歴史と熱意がそうさせるのでしょう。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。