2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モン・サンミッシェルの最も魅力的な時は朝焼けか夕焼けの時である。モン・サンミッシェルに限らず斜光による光と影が物を最も美しく見せると思うのだ。

80402k.jpg

それと、見ている間にどんどん色彩を変えていくスペクタクルにも惹かれる。

80402a.jpg

80402b.jpg

初めて明かりが灯る瞬間もいい。

80402e.jpg

80402c.jpg

80402d.jpg

80402f.jpg

80402g.jpg

80402h.jpg

80402m.jpg


click.jpg←人気ブログランキングに参加しています。今日も応援ありがとう♪

heu.jpg←宇藤カザンのバックナンバー・ブログ。今日は「バガテルの春」


【】
慌しい旅ではこの魅力的なシーンにはお目にかかれませんね、せめて一泊しないと。
それにしてもモン・サンミッシェルの階段を登るのは大変そう。
でも青い服を着てトランクを引きずりハイヒール?を履いたマダムや
ハイハイしながら登っていた赤ちゃんの画像も見せていただいたので
時々休憩しつつ外の景色を眺めながら登ればいいのですね~♪

花咲くヨーロッパのブログ、春爛漫で、あちらのほうが花ブログ!という感じです(笑)
カザンさんは孔雀がとてもお気に入りらしいですが、どこに一番魅力を感じるのですか?

この孔雀、インドの国鳥でコブラのような毒蛇も退治するため益鳥としても
重んじられていて、日本でも平安時代から貴族の間で信仰され、東京国立博物館に
「孔雀明王」の仏像があるようですね。息災延命、魔よけに効果アリとか。
最近、仏像や仏画もいいなあと思うようになりました。
【】
パリからの日帰りツアーもありますが、昼間の混雑したモン・サンミッシェルしか見られないので、できれば一泊した方が良いと思います。島の中のホテルもいいけれど、周辺にもホテルがあります。海が展望できるところはいくつかありますので階段はそれほど大変ではないでしょう。
でもフランスの古都は歩く場所がたくさんあるし、プチホテルにはエレヴェーターがなかったりですから、行く前に脚力を付けておきましょう。

孔雀はやはり白が好きなのです。白い孔雀鳩とセットで飼いたいですね。
【お聞きしてよろしいですか】
カザンさんのお名前はとてもエキゾチックです。
由来を是非聞いてみたいです。
モン・サン・ミシェル絵巻、とても魅力的でした。
【】
別にたいした意味はないのですが・・・本名はフランス人やイギリス人には発音しにくいので、彼らにも覚えやすく、強い音が良いということで、フランスで会員だったボルゾイクラブのブリーダーにPrince de Kazanというのがあったのでそこから名前をもらいました。華山でも火山でも良いのですが、、、、、
【】
あのう、カザンさまっ、、、
何色の孔雀が好きですか?とはお聞きしてないんですけれど、、、。

ずっと以前に‘ヨーロッパは僕の庭’だとおっしゃっていたカザンさん。
旅名人のカザンさんに、あれこれと旅行する時はお尋ねしたいと思っています。
そのときは宜しくお願いします~☆ 
【】
孔雀のどこが好きかと聞かれれば実際に飼ったことがないのでよく分からない。孔雀を飼うとしたら狭い庭ではおかしいでしょう。だから孔雀が飼えるぐらいの広い庭に憧れるということでしょうか?さらには孔雀が似合うくらいのゴージャスな庭にしたいということでしょうか?

ヨーロッパはすごく旅行していますからお役に立てると思います。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。