2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モン・サンミッシェルの教会の尖塔に金色に光る彫刻は大天使ミカエルです。

80401c.jpg

ミカエルをフランス語読みにするとミッシェル、英語だとミッチェル、ドイツ語だとミヒャエル(ミハエル)となりますが、ヨーロッパでは子供の名前に聖人の名前をつけるのが普通なので名前の選択がフランスなどでは限られていましたが、今では聖人以外の名前を付けることが許可されています。

80401h.jpg

下から見上げたのではよく分かりませんが大天使ミカエルが死闘の末、ドラゴンの形をした悪魔の上に立ち、まさに勝利した瞬間のポーズだと思います。

80401b.jpg

80401z.jpg

石の壁に精一杯の花を飾る。

80401l.jpg

ほとんどいつもこういう状態で、満潮時の海に浮かぶモン・サンミッシェルは見たことがありません。

80401kk.jpg

再び正面から

80401f.jpg

団体用のパーキングから

80401i.jpg

80401e.jpg

80901j.jpg


click.jpg←人気ブログランキングに参加しています。今日も応援ありがとう♪

heu.jpg←宇藤カザンのバックナンバー・ブログ。今日は「ジャーマン・アイリス」

80401x.jpg

よろいを着けた天使ミカエルの小さなレプリカ像です。聖ミカエルはフランスを、ドラゴンはイギリスを暗示しているのでしょう。

【】
去年、近所のスーパーのカメラ屋さんでモン・サンミッシャルの原画を買いました。B5くらいで数千円でした。カメラ屋さんの友人が描かれたとのことです。写真屋さんで写真ではなく絵画を手に入れたのは初めて!もちろん、青い海にポッカリ浮かんでいましたが、、、今日のブログで現実はこうなんだなぁと、ちょっとがっかり。いつか満潮時に訪れたいものです。

ところでHPの絵の販売コーナーにあるイエロー・ローズ好きです。春は黄色を見ると元気になれそうな気がします。

【】
現在の新しい道路が潮の流れを堰き止め、砂が堆積してしまったので満潮時でもなかなか海に浮かばないようです。
そこで橋に変えるようですが、相当量の砂をかき出さないとなかなか元には戻らないのではないでしょうか。
【】
ますます行ってみたくなりました、モン・サンミッシェル!
写真のアングルがとても細かくて(詳しくて)
何だか現地にいるような錯覚に陥ります。(笑)
素敵ですね~
【】
モン・サンミッシェルは気象条件によって様々に変化して絵になり、さすがに魅力的です。夕暮れや早朝の景色がお勧めなので近くに泊まると良いのですが、、、、
【最強の天使】
人間を守るため、悪魔の竜を鎖と鍵で千年もの間閉じ込めたという強い大天使ミカエル
この守護天使様のシンボルを祀っているモンサン・ミシェル
なにか、強く惹かれます。
【】
世界遺産だけあって歴史とロマンが凝縮している感じですね。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。