2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 五月のヨーロッパで一番目立つ花木はフジとライラックではないかと思う。次の2枚の写真はコッツウォルズ地方、ブロードウェイのハイストリートにあるフジの古木です。

0574.jpg

 以前にも宇藤の名前の中に藤の花が入っているのでフジはシンボルフラワーだと書いた。宇藤という姓はかなり珍しいから同じ姓の人と出会うことはほとんどないが一度だけ銀座の画廊で個展をしていたときに別の宇藤さんが時期を同じくして近くの画廊で個展をしていた。青森県の人で僕の両親は生まれも育ちも神田で祖父母も日本橋、親戚はすべて東京なので青森とはつながりはなさそうだがルーツを調べたわけではないのでなんとも言えない。

 外国人に宇という文字を説明するときには宇はユニヴァース、宇宙のことでフジはウィステリアと説明するが、日本では宇治の藤原氏が先祖に当たると冗談で適当なことを言ったりもする。

 以前飼っていた犬の血統を5代前まで調べたことがあって、アメリカの本に写真が載っていたそっくりなカナダのチャンピオン犬の血を引いていることが分かり驚いた事がある。
 フランスのボルゾイクラブに入会し、パリのロンシャンでのショーに参加したときも「シラーンの血統ね。」と言い当てられたことがあり、競走馬の優秀なサラブレッドに天文学的な値がついたりするのは遺伝の力が大きいからだろう。

 さて、ヨーロッパのフジの花のルーツは日本か中国である。
フランス語では Glycine du Japon または Glycine de Chineとなるからいつヨーロッパに入ってきたかは知らないがサクラ、モミジと共にヨーロッパに完全に定着した植物だといえる。

 ブロードウェイのフジの樹齢は200年ぐらいに思えるけれど、地下にも地上と似合うだけの根(Root)があり、同じ年数成長を続けていることになる。このフジも、家の壁を覆うような大きなバラの根もアスファルトの下でどうして生育でき、どうしてこれだけの花を咲かすことができるのだろうか?地底帝国の秘密を覗いてみたくなる。

0453_25.jpg

 ヨーロッパには100年程度の樹齢のフジはそれほど珍しくないが日本では家が持たないでしょうね。

0487.jpg

 チッピング・カムデンのフジ。

000chippingcampden.jpg

 大きな庭園では藤棚もアリです。

wistaria12.jpg

 フジの木陰でミツバチの羽音を聞きながら読書。
でもクマバチもよく来るからちょっと穏やかではないかも。

wistariawall_25.jpg

最後はパリのバガテル公園のフジです。

bagatelle_25.jpg



今日も来てくれてありがとう!
★ブログ・ランキング★今日は何位かな?
↑ をクリックすると10ポイントアップ!
たくさんの人が応援してくれてうれしいです。


宇藤カザンのホームページはこちら。thumy2r.gif

ハミングバードをクリックするとコッツウォルズのホームページに飛んで行けます。


以前のブログの「白いフジ」の記事はこちらをクリック!

cocot.jpg


【家の塀に這わせた藤の花、初めて拝見致しました。】
藤の花にも種類が幾つかあるのでしょうね。 ブロードウェイの藤の花は、日本でよく見かける藤棚の花より、長さが短く厚みがあるように見えます。そして、葉の数が少なく見えます。 紫の色か濃くて、とても綺麗で、スカッとした気分にさせてくれます。 また、その藤の花の下に咲いている色とりどりの小さな花達が、可愛らしい...
【絵になりますね。】
確かにふじだなの藤の花しか知らないですね。私の家そばの東京百景の公園にもふじだながありますが、「ふじだな」って感じ。そもそもお花をどう家や庭に取り込むのかって感覚が、日本人とヨーロッパの方では違うような気をさせますね。フォトを観させていただくと、ガーデニングはやはり文化と感じます。
【】
フジの花はフサが長いのと短いのと2種類あり、花房の色は白、ピンク、ムラサキです。石の家だと植物を絡ませることができますが、木造住宅にフジを絡ませればその勢いに家が潰されかねないし、ツタを這わせば傷むでしょう。ヨーロッパでは日本庭園のよさを取り込んでいると思いますし、お互いに影響を受けつつ発展しているのではないでしょうか。
【藤の花】
はじめまして。見事な藤ですね。
ロスに住んでいますがアメリカの花と似ていると思います。
こちらで藤の古木で有名なところがあるのですがなかなか見に行くチャンスがありません。(長さがすごい!!)
来年こそは行ってみたいですが。
【】
ロスは乾燥しているから花の色が鮮やかでしょうね。くすんだ色は似合わないのでは?
【】
そういわれてみると太陽にされされたアジサイなどくすんでいますね。 ブルーのアジサイは結構きれいです。
今年はなかなか暖かくならなかったので、花の咲き始めが遅くてさびしいです。ジャカランダがやっと紫の蕾をつけています。ヨーロッパにはマグのリアの大きな街路樹はありますか?
【】
ジャカランダはシシリー島あたりだったら可能かな?シシリーに行ったのは真夏と真冬だったからまだ咲いているのを一度も見たことがありません。ヨーロッパで紫の花の高木は桐ですね。ヨーロッパにマグノリアはもちろんありますがあまり街路樹には使われていないようです。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。