2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブヴロンの家ですが、この家は石造りです。多分ノルマンディー地方はあまり花崗岩や石灰岩を産出しなく、従って石造りの家は高くつくが、木組みと漆喰の家は安く出来る上に壁が薄いので室内が広くなる、と言うのがノルマンディー地方にフランス語でコロンバージュ、英語でハーフティンバード・ハウスと呼ばれる木骨造りの家が普及した理由だろう。

ベルギー方面に向かっていくとレンガ造りの家が増えてくるが、それはレンガに適した粘土質の土を多く産出するからで、その地方で産出する建材を使えばその地方の特色と統一感は自然に出てくることになる。

この家の丸窓は珍しい。内側から見ても窓は丸いのだろうか?もしも両開き窓だとすると蝶番は中央に一つしか付けられないから不安定なので、開けるようにするなら丸窓は水平の中央の径を軸に回転して開けるようになるだろうが、大体の場合開かずに固定されていると思われる。

80314j.jpg

上の石造りの家も下の木組みの家も窓の上部はアーチになっているが石造りの家の場合、窓の上部の壁を支えるためにアーチ構造にするのが合理的で、中央のくさび形の石をキー・ストーンと言う。
下の家の場合は梁が上部の壁を支えるのでアーチ構造にする必要はなく、柔らかさを出すための美的な装飾となっている。

80314d.jpg

こうして見ていると石造りの家にはツタを這わしているが、木組みの家ではツタを這わせていないようだ。ツタを這わせると風通しが悪くなり木骨が傷むからだろう。

80314u.jpg

80314c.jpg

これは間違いなくリンゴを圧搾して絞る機械ですね。

80314o.jpg

シードルをDEGUSTATION(試飲)できるCAVE(酒蔵)。

80314w.jpg

道路際には赤いバラが、、、

80310c.jpg

塀の上には咲き進むとほんのりとしたピンク色になる白いバラが、、、

80314n.jpg


br7.jpg←人気ブログランキングに参加しています。今日も応援ありがとう。

【】
こんにちは。
おじゃましました。
またよらせてください。
【】
はい、いつでもどうぞ寄ってください。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。