2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンフルールの店の続きなのですが、、、、

80229u.jpg

この店の名前もちょっと変。  「どうしてめんどりなの」

80229a.jpg

めんどりグッズ・ギャラリーでした。

80229s.jpg

婦人服店

80229b.jpg

訳せば「小さな魚卸売商」となる。魚屋直営レストランと言うところか、、、、

80229c.jpg

80227h.jpg

オンフルールの中でも特に古く16世紀の家。

80229g.jpg

こちらの店も相当古い。

80229j.jpg

フランスでも帽子をかぶらなくなったけれど、まだ帽子屋が存在する。

80229f.jpg

食料品店だがどちらかと言うとお土産店かな?

80229d.jpg

プリザーヴ(果物の砂糖煮)だけれど、ノルマンディーだけあってカルヴァドス入りです。

80229w.jpg

全部ジャム

80229m.jpg

今日でオンフルールはおしまい。

80229k.jpg

また来てね。

80229l.jpg


br6.jpg←人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックをよろしく!

【】
魚屋さんの小さいレストラン、美味そうな料理が出てきそうですね。
日本で魚料理を食べると、どうしても魚臭さが残りますが、フランスで食べる魚料理はハーブでにおいを消しているためか、本当に美味く感じて、人間がいかに鼻で料理を食べているかを実感します。何でフランス人がこれ程魚料理が上手なのか不思議でもあります。
このレストランの窓の前に掛けてある、花の入った「ポット」も何だかオシャレですね。花の色が白一色なのも良いです。

Pourquoi les poules?
友人やお客からいつもいつも同じ質問をされているうちに、店の名前がこんな風になってしまったのでしょうか。
そこで思うのがカザンさんは、
なぜ花なのか?ですね。
花を見て歩くのが先だったのか、それとも花の絵を描くようになってから花を見て歩くようになったのかが、前々から気になっていました。
【】
魚料理に関しては日本の方が調理の方法が多様で料理が洗練されていると思うのです。一方肉料理に関してはフランスのほうがヴァリエーションが多いように感じますが、、、

POURQUOIの看板は最近のもので、以前はGalerie Dassonvalleとだけ書かれていましたから推測の通りでしょう。

ガーデニングを始めたのは85年頃だし、花の絵を描くようになったのも85年ごろからですが、庭に描く花があったほうが便利だからというのもあるし、子供の頃から園芸には興味があり、中学生の頃、サカタ種苗と大和農園のカタログが届くのを楽しみにしていましたから、絵と園芸のどちらが先とも言えないし、音楽を含めた3つのうちどれが一番大切だとも言えませんね。

この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。