2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロヴァンスやコルシカ島にはキョウチクトウがたくさん見られ、こういう感じで塀からはみ出て咲いていることが多い。フランス語では「ローリエ・ローズ」と言うが、確かに葉の形はローリエ(月桂樹の葉)に似ていて、花はバラに似ていなくもない。

80107c.jpg

常緑樹だし花は咲くし、暑さにも乾燥に強いので便利な植物なのだが毒性が強い。つまりほとんど害虫の被害に合わないということでもあリ、さらに排気ガスにも強いので高速道路などに植えられることも多い。

80107a.jpg

80107b.jpg

濃いピンクが主だが、赤や白もある。一重が一般的だがダブルもあり、華やかな感じになる。

80107d.jpg

80107e.jpg

80107f.jpg

80107g.jpg

好きな花ではないのだが、白花はなかなかきれいだなと思う。

80107h.jpg

80107j.jpg


br7.jpg←人気ブログランキングに参加しています!

【】
こんばんは~~
はじめまして大好きな風景画沢山でうっとり見てました~~
ゴッホも大好きで、お墓や住んでいた部屋に行きました
ゴッホの歩いた道も歩きました~~本当に絵になる風景
ばかりでした~~懐かしいです、また遊びに来ます、
よろしくお願いします。
【】
私も毎日ブロヴァンスの風景を楽しませていただいてます。オリーブの木と遺跡のある風景は特に印象的でした。

夾竹桃は強い木なのですね。東京でも良く見たような気がしますが、白い花は見たことがないと思います。

カザンさんの夾竹桃の写真を拝見して気づいたことですが、同じ花でも背景により印象が違うものなのだということです。よくよく見なければその美しさに気づいてあげられない場所に咲く花たちもたくさんあるのだと思います。私は東京に咲く夾竹桃や山茶花等に目をとめることなどなかったような気がします。最近の上京の折なども、ホテルの周りにはサツキやツツジ、その他の花木などが植えられていたりして、満開に花の咲くときもありますが、あまり美しいと思わないことの方が多いのです。東京は青春を過ごした街ですから嫌いではありませんが、花たちの背景としては適していない街ですね。

これからもカザンさんのステキな旅を楽しみにしています。
【】
同じ花でも背景が違うと見え方が違います。ランプとか噴水などのガーデン・オーナメントによってもおしゃれに見えてくるでしょう。フジなどもヨーロッパの石の壁を伝っているのを見るとなかなか上手に異国の花を取り込んでいるなと思います。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。