2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びブドウ畑。

71130a.jpg

71130b.jpg

収穫されたブドウ。

71130c.jpg

ボーヌの市場。パニエ(かご)に入れられての量り売りだが、スーパーでも野菜は自分で計って紙またはビニール袋に入れる。そういえばフランスには発砲スチロールのトレイはないな・・・

71130f.jpg

71130e.jpg

トマトは安くておいしい。

71130d.jpg

たくさんの種類のオリーヴ漬け

71130g.jpg

夕食はエスカルゴとキノコから

71130h.jpg

フォアグラのソテーは濃厚な、あまりに濃厚な味。

71130i.jpg

ワインで口直しをしないと、、、

71130n.jpg

チーズもまた濃厚なものが多い。

71130j.jpg

フランスのコーヒーはエスプレッソだからアメリカ人には飲めない。

71130k.jpg


br6.jpg←留守番ネコに応援のクリック、ヨロシクネ!


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら


【】

市場には野菜が豊富ですね。最近こちらではあまり見られなくなったホワイトアスパラおいしそうです。
それに、きのこやトマト本当においしそう!

今年、似たようなトマトを作りました。何せ、6種類14本もトマトを植えていろいろな味を楽しんだのですが、自作の堆肥等をたくさん畑に混ぜ込みましたので(無農薬)、どのトマトの味もとてもよくなりました。正式な名前は大きなトマトの「桃太郎」しか覚えていませんが、黄色いミニトマトなどは酸味が少なくまるで果物のような味でした。
トマト作り2年目の快挙などと、自我自賛しています。もちろん、自分で食べえるよりおすそ分けのほうが多く、差し上げた方にもほめていただき、ますます自信過剰気味です・・・!?
本当は気候が良かったのでしょう、ほかの野菜もたくさんとれました。
それと単なるツアー旅行でしたが、スイスでは滞在した街に必ずCOOPがあって、果物や野菜が日本のように包装されずに山積みになっていました。そして、自分で袋に入れて、自分で計りバーコードをつけてレジに持っていきました。(市場などもどこかにあったのでしょうか?わかりませんでした。残念!)夏なのに緑色のりんごがおいしく、トマトも小粒でしたがとてもおいしかったです。

お花を植える場所が狭いと思いつつも、新鮮な野菜の魅力に負けて、野菜作りがやめられません。それと毎年少しですが藍を植えて、生藍染を楽しんでいますので・・・・それにも面積をとられますし。
「二兎を追うものは一兎をも得ず」といいますが、まあ、それよりも暇がなく、夏至が過ぎて日が短くなっていくと、お花の手入れも満足にできないのですから、仕事をやめるまでは何も得られないかもしれません。
そこで、ブログでステキな庭や別の世界を楽しませていただくことにいたしましょう!
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。