2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここはカナル・テラスと呼ばれていて細長い池にスイレンが浮かび、その奥に瀟洒な建物が配置されている。大きなガゼボのような感じだがもとからここにあったものではなくコッツウォルズ地方の荒れた建物を移築したものでピン・ミル、もとは針工場だったようです。

71116b.jpg

71116c.jpg

ピン・ミルからの眺め。

71116d.jpg

71116g.jpg


br6.jpg←応援してくれるとうれしいなっ!


宇藤カザン水彩展 11月27日~12月3日 芦屋 ぎゃらりー 藤
宇藤カザン版画展 11月30日~12月3日 芦屋 クラインハウス
奥千絵子ピアノコンサート 12月9日14時  御影 サーラ・デ・ムスク
 《宇藤カザン・プロデュース》
神戸ルミナリエ  12月6日~17日
詳しい案内はこちら

【】
ウエールズのボドナント公園は、好きなGardenのひとつなのでブログを見せて頂くのが楽しみです。カナル・テラスのピン・ミルは睡蓮の池に写るように造られているような感じですね。この睡蓮は温帯性の睡蓮と思いますが北緯53度(サハリン北部と同じくらい)で生育できるとは・・・・・・。BS放送で観た時は亜熱帯植物も有ったような気がします。温室ではなく。
【】
ボドナントには背の高いユッカの木がありますね。ポウイス・キャッスルにもバショウがありましたし、イングランドの西海岸はメキシコ湾流の影響を強く受けるので冬でもそれほど気温が下がらないようです。スコットランドの北の果てのインヴァユー庭園でも信じられないような暖地の植物が育っていました。日本の北国は寒流が流れていますから、冬の寒さが厳しいのでしょう。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。