2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のウィズリー・ガーデンの入り口近くのカーペット・べッディングはレタスでした。色とりどりのレタスばかりで模様が描かれています。

0806g.jpg

そしてウィズリー・ガーデンに新しい温室がお目見えしました。ロックガーデンの上から見えます。5月にオープンしたばかりで6月にはまだ周囲の植え込みをしていました。

0806a.jpg

0806b.jpg

0806c.jpg

出来たばかりの内部はまだ充実しているとは言いがたく、何年か経たないと見ごたえはないでしょう。それにしてもウィズリーガーデンは良く人が入るし、100年以上経った今も進化しているところが素晴らしい。

【花のワルツorレタスワルツ】
とっても亀レスですが・・・「カザンさん、お帰りなさ~い!」

イギリスは記録的な降雨量だったとか、先日のヘリコプターの画像も
それと関連あるのかしらと思いながら写真を眺めていました。

ウィズリーガーデンの新しい温室はこれから充実してくるとのこと。
何年後かに訪れることがあったら、
カザンさんのこのブログのことを懐かしく思い出すでしょう。
レタスで花壇を彩ることができるなんて思いもしませんでした。
イギリスでは野菜は食べるだけでなく見せるものでもあるのですね。

立秋を過ぎたとはいえ、まだまだ暑いですね、絵を描きパソコンに8時間の日々なのですか?
カザンさんの夢、70歳のショパンコンサートが年々近づいてまいります。
9年なんてアッという間かもしれません。
どうぞピアノの練習もお忘れなく♪
【】
千種さん、お久しぶりです。

半年以上のほとんどピアノを弾いていなかったのですが、今はシューベルトの遺作のソナタの譜読み中です。長い曲なので最後までたどり着けるかどうかわかりませんが、、、
一曲弾けるようになるとその前の曲はすっかり忘れてしまうので、いつになってもレパートリーが増えそうにないですね。困ったものです。
【】
>今はシューベルトの遺作のソナタの譜読み中です

そういえば半年ほど前、同じ言葉をどこかで読んだ気がするのですが(笑)
当時はピアノソナタの「遺作」と、交響曲の「未完成」がごちゃ混ぜになっていたほど
トンチンカン千種でしたが、今ではちゃんと区別がつきます。
ピアノソナタの遺作は宮谷里香さんのCDで‘変ロ長調 D960’しか聴いたことが
ないので、そのうち他の2作品も聴いてみたいです。

この頃はスメタナの連作交響詩をBGMに吉田秀和さんの本を何冊か読んでいます。
以前にカザンさんは「若さと引きかえに悪魔に魂を売り渡しても」と、ゲーテの『ファウスト』と
同じようなセリフをBBSでおっしゃってましたね。(今は削除されてありませんけど)
吉田氏は1913年生まれ。カザンさんが青年のように思えます。
お忙しい日々でしょうけど若さと情熱で「遺作」、ぜひマスターされますように。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。