2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルック氏の自宅です。

70516a.jpg

70516b.jpg

素晴らしく育っている日本の細葉モミジ、この地方にはシャクナゲも多いから日本の植物にも土壌が適しているのかも知れない。

70516c.jpg

70516d.jpg

70516j.jpg

70516f.jpg

プリムラはちょっと意外な感じもするがほほえましくもある。

70516l.jpg

あまり見ない花ですねぇ。。。

70516h.jpg


←人気ブログランキングに参加しています。
ネコをクリックするとポイントがアップ。応援ありがとう。


宇藤カザンのホームページ[イギリス・フランス花景色]はこちら。

【】
XPからVistaへと移行しましたが、そのうち「これなんだろう?」と
知りたい花の画像を検索にかけたら名前が表示される、、という世の中になればいいなあ。

モミジを含む楓類は日本だと適当に葉を透かして葉と枝ぶりを眺めると思うのですが
こういうお椀を伏せた?形は日本庭園とは違いますね。
何気なく置かれてる壺がほしいです!!
【】
あの壷を日本で置いたら雨がたまって蚊の発生源になるのでは?もっとも底に穴が開いていれば別ですが。
【】
この庭にカラフルなポリアンサスは余り似合わないように感じます。この花私個人としては余りにもポピュラーで好きじゃないのです。パンジーとかペチュニアもね。矢っ張りラヴェンダーやニゲラ、カンパニュラのような優しくたおやかな花が好きです。微風に靡くときが何とも美しいでしょ。

壺の話しですが家の入り口に置いてある一見備前焼のような壺と同じような感じの備前の水瓶が家にあります。もう一つは同じような形で韓国の壺です。以前は夏場は逆さまにしていましたが、今は木酢液や竹酢液を水に混ぜて使っています。ボウフラはわきません。知人はこのような壺にメダカを飼っています。一匹百円だそうです。
【】
M.Kさんのおっしゃるように木酢や竹酢はいいみたいですね。ハイター(塩素系漂白剤)を
入れる話も聞いたことありますが、蚊には効果的でもメダカや植物には良くないでしょうね。
わが家の場合、野鳥が水がめのつもりで来るだろうから何も入れず、時々洗えばいいかなと。
(こんな大きなのをどうやって!? )

壺も植物たちも一見無造作であるような印象を受けますが、選ばれ、計算されて
このプライベートガーデンを造っているのですね。プリムラは‘お遊び’?
【】
プリムラは野生種は趣がありますがポリアンサスは人工的すぎて他の植物と全く合いませんね。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。