2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイマンズの館は火事で屋根が焼け落ち、廃墟となりフジが絡まる。廃墟の庭園としてはシュードリー城やスコットーニー城があるが、なんともいえない不思議な美学があるのではないか。

70508a.jpg

70508f.jpg

70608bs.jpg

70508e.jpg

70508h.jpg

70508g.jpg

園芸用具の入ったシェッドもフジに覆われている。

70608ds.jpg


←人気ブログランキングに参加しています。
ネコをクリックするとポイントがアップ。応援ありがとう。


宇藤カザンのホームページ[イギリス・フランス花景色]はこちら。


【美しい!】
こんにちは。

なんともいえない素晴らしさですね。
夢のような藤いろが廃墟にぴったりです。!
【】
スコットニーやシュードゥりーを思い出します。廃墟にはフジがしっくりとよく合いますね。 四枚目と六番目の画像が特に好きです。アングルが素晴らしいですね。
【】
フジは火災の前からあったのですが、確かに廃墟にはフジが似合います。もちろんツルバラも良いですが。
【】
ナイマンズの夏のボーダーはもちろん派手なのですが花の種類がイギリスの庭園としてはやや平凡なのです。ひと癖もふた癖もある庭園を見慣れるとunusualではないと思わざるを得ません。ちょっとマニアック派から見るとの話ですが、、、
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。