2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本庭園の石庭、枯山水はいわゆる和風ロックガーデンであり、名園と呼ばれるものは石の配置などに洗練を極める。

イングリッシュガーデンのロックガーデンはアルペンフラワーを自生地に近いバックグラウンドに配置するために発想されたもので、多湿を嫌う植物が中心になるでしょう。

70501ry.jpg

日本庭園に影響されたものかは知らないが、たいがいの場合滝が配置されている。

70501y.jpg

滝の後ろに見える温室はプリンセス・オブ・ウエールズ・コンサーヴァトリーです。

70501z.jpg

70501s.jpg

70501u.jpg

70501t.jpg

ロックガーデンの向こうに見えるのは最近完成したアルパイン・ハウスです。

70501x.jpg

アーチ型の近代的なデザインですね。

70501ty.jpg


←人気ブログランキングに参加しています。
ネコの手も借りたいんだけれど、、、こんなところで少しは役に立つのかな?クリックするとポイントがアップ。応援ありがとう。


宇藤カザンのホームページ[イギリス・フランス花景色]はこちら。




【】
外国で日本庭園を見るのは嬉しいことですが、この枯山水の石の配置は洗練の極み?なのですか? 何だか京都の寺院で多く見られる石庭とは可成り趣が違って違和感があるように思えてなりませんが。 しかし、外国でこのようなものを作るというのは綿密な計画と莫大な費用、年月、技術者が必要だと思いますから大変なプロジェクトに相違ありません。
西本願寺の勅使門にしてもしかりですね。

残念ながら、経済大国と云われる我が国では成し得ないことですね。折角お金があっても情けないですねー。
【】
洗練のきわみというのはロンドンの日本庭園を指すのではなく日本の名園の石の配置についてです。どこから見ても美しく配置するのはなかなか難しいものです。
【】
石の配置のこと「日本の名園」に於けるというところが記憶から外れていました。納得しました。

「みのり」はお米だったのですね。「のり」とは?と思って見ていましたから。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。