2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池に浮かぶスコットニー・キャッスルはまさにピクチァレスク、絵のような風景です。

70306r.jpg

70306s.jpg

城の歴史は12世紀まで逆のぼり、塔は最初4本あったようですが現存するのは1本のみです。

70306l.jpg

コートヤードはハーブガーデンになっていて中央にはヴェネチアの井戸のオーナメントが置かれている。

70306n.jpg

70306m.jpg

70306k.jpg

70306h.jpg

ビチセラ系のクレマチスだと思うけれど、きれいですね。

70306bs.jpg

70306fs.jpg

←今日は何位かな?
ネコをクリックするとポイントアップ♪ 花のブログもたくさん見られますよ。

1日1回クリックすると10ポイントアップします。同じ日に2度クリックしてもカウントされません。皆さんの応援が励みになります。


宇藤カザン水彩展     4月5日~7日 10時~5時
アルバ弦楽三重奏団演奏会   4月8日(日) 2時開演
         神戸市御影 サーラ・デ・ムスク

portraittrio.jpg
写真をクリックすると詳しい案内のページにジャンプします。

宇藤カザンのホームページ[イギリス・フランス花景色]はこちら。


【マサニ絵のような風景ですね】
風景も綺麗なんですけど、kazanさんの写真の構図が上手いですね。さすが画家さんですね~
私、若い頃に画家を目指してたんですが、今あんまり描いてないんです。でもkazanさんみたいに素敵な風景を描くお仕事って憧れます。老後に庭のお花や風景を絵を描いて暮らしたいです。
【】
絵や音楽やパソコンは受身ではないからいいんじゃないですか。老後何をしても良いといわれたら毎日コンサートホールやオペラハウスに入り浸りたいですね。
【】
家のPCではランキング・ボタンが空白になっています。空白でもボタンは押せますけれど。今朝早くにはちゃんとサーシャが居ましたのに、いつの間にかいなくなったのです。それからずっと~、どうしたのかな?

ビチセラ系のクレマチスはカザンさんの最初の頃のブログで見てからすっかり虜になりました。白に薄いグリーンの入ったのです。インテグリフォリア系も大好き!

このお城はお伽の国に出てくるようなお城ですね。池に映えた画像は素敵だし、コートヤードもこじんまりしていていいですねー。
【】
アッ、サーシャが戻ってきましたよー。何処かえ遊びに行っていたのかな、春ですものね。
遂先だって何かで読んだのですが、最近、フランスでもイギリスでも高齢者がすっかりインターネットに嵌ってしまい、ガーデニングが疎かになっているとか。
【】
サーシャはきっとラヴハントに出かけたのでしょう。
【】
どんな情景でも絵や写真にすると描き手の人格が引き出されるのでしょうが、いつもここで描きたい!っておもうスナップが、いっぱいなのは先生の視点の高みなのでしょうね。私もやっぱり現地で思うがままに描けたらと思っています。このお城もしかりです。私のお絵かきレッスン昨日は楽器のスケッチが始まりました。トランペットって初めて描くのですが、こんなに曲がってややこしかったなんて知りませんでした。早く何でも描けるようになりたいでぇす。クレマチスも描いてあげますからまってなさいねぇ~
【携帯からは】
携帯からはサーシャちゃんをポチっと出来なくてランキング出来ませんね 今から会社のPCでポチします
【美しいですね!】
池に映るスコットニー城、ほんとうに美しいですね!
あまりに美しくて、感動して涙が出てきそうです。

ところで、突然ですが…
Kazanさんは、白い花ばかりを家の前の草原みたいな広い庭にたくさん植えて、白い花だけを描いてらっしゃる(らっしゃった?)という画家の方ですか?
もし、そうだったとしたら…私TVだったか本だったかで拝見しました!!
私のおぼろげな記憶では…
家の中も自分でリフォームされ、日本からもその白いガーデンの手入れに行かれている人が多数いらっしゃるとか。
それを見たとき、どれほど私も飛んで行きたかったことか…。

間違っていたら、申し訳ありません<(_ _)>

【】
描くのは白い花ばかりとは限りませんが8年ぐらい前にNHKで放映されましたからそれをご覧になったのでしょう。
いずれ自分でイングリッシュガーデンを撮影したいと思っています。
【】
パソコン音痴の私が何をどうしたのかわからないまま突然あなたの美しい風景と花の世界が目に飛び込んできてどうしたらこれを保存できるのか、もしかしたら二度と探すことができないのかもしれないと苦しんでいます。とりあえずメッセ-ジだけはいれたくて。こんなに素敵なものを見せてくれるあなたはどんな方なのでしょう。毎日庭など縁のないマンションでの孤独な一人暮らしの私が美しいガーデンで花々にかこまれ、大好きな古城を訪ねている、そんな気分になれる世界です。
二人のにゃんこも愛らしくてこころ和みます。ありがとう。
また偶然でもここへこれますように!
【】
うーん、、、お気に入りとか、ブックマークに登録すればいつでも来られるけれど、その方法を知らなければ星の数ほどのブログに行き当たるのは難しいかもですね。
それともなければ宇藤カザンで検索するとか、、、、
たしかに以前見たサイトがみつからなくなることってありますね。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。