FC2ブログ
2019 / 11
≪ 2019 / 10 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2019 / 12 ≫

ライのチャーチ・ヤード

70219q.jpg

教会の塀に埋め込まれたポスト。イギリスの地方では良く見かける。フランスのポストは黄色、ドイツも黄色だと思ったから日本はイギリスから郵便制度が入ってきたのでしょう。

70219m.jpg

教会の裏手にあるイプラ・タワーはフランスの攻撃から町を守るために13世紀に築かれた。

70219p.jpg

標的はフランス!

70219xx.jpg

ライの町の花景色。

70219g.jpg

70219f.jpg

70219b.jpg

70219a.jpg

70219c.jpg

この椅子、角度があるところがいいですね。

70219d.jpg

ライは白い陶器のプレートが名産で家の名前を記している。イギリスは個人名の表札を出さないのが普通です。

70219js.jpg 70219uk.jpg

70219is.jpg 70219ks.jpg

この家にもプレートがあります。

70219vss.jpg

ピンク&ローズ

70219e.jpg

郊外のフロントヤード

70219s.jpg

塔の上から風車が見えたので近くに行きました。

70219r.jpg


br3jpg
←人気ブログランキングに参加しています。
ネコをクリックするとポイントがアップして、花のブログがたくさん見られます。

1日1回クリックすると10ポイントアップします。同じ日に2度クリックしてもカウントされません。皆さんの応援が励みになります。

宇藤カザンのホームページ[イギリス・フランス花景色] はこちら。

【】
ブログでの『ライ6日間の旅』、堪能しました。
カザンさんと一緒に旅している気分で、町の花景色も美しいです。
最古の時計や教会の上から眺める大パノラマ風景、ウィンドウショッピング。
ライはロンドンから鈍行電車で1時間半ほど、日帰り可能とか。
カザンさんのブログは罪作りともいえますね、どこもかしこも
行ってみたい所ばかりで、ため息がでます。
【】
ライの駅は町はずれにあるという感じなので電車でもロンドンから問題なく行かれます。ライのあたりは牧草地や小麦畑が広がり、ところどころにヒナゲシの群落があったりでとても景色の良いところなので車窓からの眺めも楽しめます。ブリットレイルパスという鉄道のフリーパスを使って電車での旅もいいでしょうね。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ