2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーターガーデンでひときわ目立つ白い幹の木はエウカリプツス・パウキフロラ(またはマニフェラ)のようです。つまりオーストラリアの植物であるユーカリの木ですが、寒さにはそれほど強くないと思われるのに良く育っているなあと感心してしまいます。

70108g.jpg

ゲラニウムとアルケミラ・モリスの組み合わせ。開花時期がぴったりと一致しているものの特に変わった組み合わせでもない。

70108h.jpg

エリンジウムの左の白い花はヘリアンテムム、右はユーフォルビア、ピンクの花はゲラニウムです。

70108e.jpg

エリンジウムとネペタの組み合わせは良いですね。ケシの葉も見える。

70108a.jpg

フロミス(プルプレア?)の中に咲くクレマチス。この組み合わせは粋でいいけれど勝手に紛れ込んで来ただけかも知れない。植物の組み合わせに偶然はつき物です。

70108b.jpg

パープルのグラジオラスとピンクのゲラニウム。後ろのヘリクリサムはむしろ咲かない方がつぼみと葉色が美しくていいですね。

70108c.jpg

ここにもバラがありました。ちょっとペネロペ(ペネロープ)みたいな感じでもあるけれど、ピンクの色が違うかなぁ。

70108f.jpg


br4jpg
←人気ブログランキングに参加しています。
ネコをクリックするとポイントがアップして、花のブログがたくさん見られます。

1日1回クリックすると10ポイントアップします。同じ日に2度クリックしてもカウントされません。皆さんの応援が励みになります。

宇藤カザンのホームページ[イギリス・フランス花景色] はこちら。




【】
一枚目の写真の植物ですが、幹の白っぽいところや、全体の姿かたちはなんとなくユウカリ(Eucalyptus)にも似ていますね。自信はないのですよ。
【】
オージー・プランツは詳しくないし、ユウカリもたくさんの種類があるのでよく分かりませんが、グラヴェルガーデンにあったのはユウカリだと思うし、イギリスで他のところでは見たことがないのできっとユウカリでしょうね。少し調べて訂正しておきましょう。いつもありがとうございます。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。