2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイト・ガーデンのバラのアーチを抜ける。。。。。木立の中にひっそりと立つ女性像。

623f.jpg

パーゴラにバラやクレマチスが絡む。

623a.jpg

ハナズオウ・フォレストパンシーのパープルの葉とピンクのバラが素敵です。このハート型の葉のハナズオウは新葉が赤く、また紅葉も素晴らしくて最も好きな木の一つです。

623b.jpg

バラとクレマチスとの相性は言うまでもありませんね。

623c.jpg

まだ植えたばかりで小さいけれど枝垂れのヨーロッパ・ブナもとても好みです。

623g.jpg

庭の一番奥まったところに再び女性像が、、、

623h.jpg

ユートピア・ガーデン。いや、ウトウピア・ガーデンです。

623e.jpg


br1.jpg←ブログランキング。応援のクリック、ありがとう!
cat2.jpg
1日1回クリックすると10ポイントアップします。同じ日に2度クリックしてもカウントされません。皆さんの応援が励みになります。

宇藤カザンのホームページ[Vissi d'Arte] はこちら。

【】
おはようございます。
Utopia、、、今日も庭のいたるところにカザンさんがいらっしゃいますね(笑) 
バラとクレマチス、それから百合の3つを庭のメインディッシュにすれば初夏から秋まで花は絶えず。
オードブルに春咲き球根、デザートに紅葉と、、、食い気ばっかりの千種です。
銅葉や暗めの赤葉はカザンさん好みですね、こういう色を使えるように好きになるには
まだまだ修行が足りません。

M.K.さん、何度も言ってますが若くないんですってば!更年期でおかしい年代ですし。
炊きたてのご飯と漬物とお味噌汁、おいしい煮物が基本で時々ご馳走も食べたいなぁと思います。
煮物はわが家の味が一番ですね、料理屋さんは別にして買うのはおいしくないですし。
【】
おはようございます。この一番奥まったコーナーはちょっと秘密っぽいでしょう♪
【】
最初の写真の明るいグリーンに、様々な形の葉類、奥まった鬱蒼とした茂みに美しい女性像で庭に一層のアクセントをつけて。像や壺のなどのあしらい方も上手いですね。

ピンクのバラに紫のクレマチスの組み合わせは大好きです。HPのほうにもありましたし、ブログの何処かのおまけにも載っていましたね。このクレマチスの紫の色が何ともいえない!

垂れのヨーロッパブナというのも入手したばかりの植物百科で調べました。Weeping beechなんて初めて知りました。ハナズオウも私の好きな木ですが、このcercis canadensis 'Forest Pansy'は葉っぱの色が私の知っているのとは全然違います。私にとっては珍しい木や花ばかりで、時間が経つのも忘れて調べたり、メモったりしています。

千種さん、ももさん、昨日届いた花・植物百科は通常より一万円安く買ったわけです。余り重いので今朝計ってみたら、二キロ半ありました。先ずは慣れることと、色々ページを繰ってみています。もう知らない花や木ばっかり。凄い内容なので一万円で買えるなんて安いのでは?日本の好い加減な植物図鑑でも結構なお値段ですよね。ああいうのは買っては損したなと思うこと度々ですから。それに調べたい植物が殆ど載っていなかったりしてね。
【】
昨日の記事で、スタンダード仕立ての左右のバラ?の麓に植えてある鮮やかなブルーの植物は何でしょうか?なんか凄く効果的に見えますが。
【】
ホワイトガーデンの紫はネペタ、キャットニップです。猫が擦り寄っていきますね。

RHSの植物百科は良いでしょう!ヨーロッパブナは25メートルぐらいに育つので広い庭でないと無理ですね。
【】
バラとクレマチスの色のコンビネーション、本当にきれいですね(o^-^o)
【】
M.K.さん、よく重さを計るときに落としませんでしたね、うっかりすれば足の指を骨折
しかねませんから。重さと内容に較べれば値段は軽いわよネ~は同感です(笑)

カザンさん、こんな質問をしてさぞかしご迷惑でしょうが、HPのペインズウィックの中ほど
http://www.kazanuto.com/painswick.htm
この画像、楽しくて不思議で、おとといから気になって眠れません、、、。
ニャンコちゃんはいったい木のところで真剣に何を見上げているのですか?
その数枚下に またニャン2登場で「これは何でしょう?」も
ニャンダー?ワンダー(wonder)!の世界。

きのうのブログで白のラヴェンダーがあるのを初めて知りました。
【】
猫は木の中に出入りしている鳥を見ています。猫はすばしっこく動く小さなものに敏感に反応します。
【】
ありがとうございます。首輪が見えているようだったので飼い主が木の上で何か
しているのを心配して見ているのだろうか、、、なんて思ったり。
忠犬ハチ公じゃあるまいし関心は「人」ではなくて「鳥」だったんですね。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。