2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲートからエントランスへとクライミング・アイスバーグや一重の白いバラが迎えてくれる。

628a.jpg

キフツゲートのような白バラ。

628b.jpg

ファウンテン・ガーデンの入り口のゲート。

628c.jpg

628f.jpg

ファウンテン・ガーデンのイエロー・ボーダー。

28e.jpg

アイリスとアルケミラ・モリス、ピラカンサなど。アイリスはIris tenaxだろうか?

628g.jpg

噴水を通してイエロー・ボーダーを望む。

628d.jpg

セアノサスのあるボーダーはピンクとブルーのミックス・ボーダー

27j.jpg


【】
キフツゲートローズは、祖母のヘザー・ムーア がRosa Moschateの
つもりで求めたそうですが、ロサ・フィリペスの枝代わりであると1951年に庭に訪れた
グラハム・トーマス氏が Rosa Filipes‘Kiftgate’と名付けたそうですね。
イギリスでは品種により一季咲きの野生バラが6~9月まで咲いたり、キフツゲートローズのように
普通は5メートルと栽培書にあるのに25メートル?ほど伸びたりすることに驚いてしまいます。

エントランスの、つるアイスバーグもきっと秋にも結構花を見せてくれるのでしょうね、日本では
返り咲き、二季咲きといってもクライミングの場合、秋はチラホラですから、、、。
フャウンテン・ガーデンというからには噴水を使った見せ場があるのかなぁ、明日に期待しましょう。

追記:Tomikoさん
先ほどメール受信しました、ご丁寧に恐れ入ります。(15:30記)
【】
残念ながら見せ場はありません。噴水が中央にあるので僕が勝手にファウンテン・ガーデンと名付けただけで、明日は隣のガゼボ・コーナーに行きます。
【】
アプローチの白いバラはよく茂っていますねー。どうするとこんなに花が付くのか不思議です。それに白のアイリスも清楚な感じが好きです。

今日はモーツアルトの命日ですね。1791年の12月5日、享年35歳でした。
【】
「アマデウス」をBSでやっていましたね。ホームページの編集をしながら観てしまいました。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。