2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここはホワイトガーデンですね。

23cx.jpg

ちょっと不思議な感じ。

23hx.jpg

この花はちょっと分からないですね。

623d.jpg

ホワイト・ガーデンの内側

623ax.jpg

どこに咲いてたか思い出せないけれど、ペンステモン。

623gx.jpg

ディケントラ(タイツリソウ)

623ex.jpg

アストランティア

623fx.jpg


【】
わが家にもあるタイツリソウなどを見ると「まあ、アナタこんな所に!」と嬉しくなります。
ネットで調べたらアストランティアはピンクだけでなく白色のものがあるようで、美しいと
また欲しいなあと困った虫がムズムズです。

コッツウォルズには庭園が21もあるみたいですが、有名なヒドコートやスノーズヒル、
キフツゲートなどの名園の影に隠れがちなこのボートン・ハウス・ガーデンのあれこれを
見せていただきありがとうございます。

昨夜Multimapをカザンさんも以前から内緒で駆使していらっしゃるのだと分かり
「独り占めしてナンテケチナカザンサン、、、ももさん大好き!」と思ったことを
告白しておきます。
【】
ボートンハウスって本当に広大なお屋敷ですね。きちんと刈り込まれ、整然と並んでいるトピアリーはお伽の国のようです。一体何人の庭師さんが管理に当たっているのでしょう。ヶマンソウが一段と鮮やかですね。アストランティアは何時かのカザンさんのブログのおまけに載っていたアストランティア・マヨールが特に好きです。白で花芯がほんのりピンクの。あれはきれいでしたねー。家の庭にも植えてみたいけれど、庭も整理に入っていると云いながら未だ何か植えています。次の住人になる方が植木や花が好きだといいなーと何時も思っています。

昨晩は千草さんやももさんのお陰で話しに華が咲いてとっても楽しかったわ。千草さんが問題提議してくださるから、話しが発展するのね。

ももさん、いろいろ有り難うね。私も頑張って勉強するわ。協力してね。
【】
話題がそれて、伺いたいことを忘れていました。
イギリスにはどんな形にトピアリーを作るかディザイン図鑑かなにかあるのでしょうか?コルネを逆さまにしたような形や、、ボトルのような形なんてちょっと普通では思いつきませんよねー。
【】
M.K.さんって本当に記憶力バツグンですね。
アストランティア・マヨールのオマケ画像なんてどこにあったかな?と思い出してる私です。
ブログ内を検索かけても出てこないのでまたゆっくり探します。
それから‘千種’変換ミスですよ~(ホントは千草のほうが好きなんですけど)
丁度良い機会だからパスワード入れて修正されたらいかがでしょう?

カザンさんが以前、おしゃべり広場に使ってくださいと言われてたのでお言葉に甘えて。
M.K.さんは持ち家処分を考えておられるとか。
ゆくゆくは私も気軽なアパート住まいをしたいのでいろいろ教えてくださいね。
M.K.さん同様このままじゃ、いつまでたってもカザンさんのツアーに参加できません。

日本の不動産は建物の資産価値は10年ほどでゼロに近くなるんじゃないでしょうか、
某大手建築会社の人が言うにはどんな豪邸でも家より庭、それも‘木’ですって。
どんな樹木があるかによって値段を査定すると。建築会社は家を建てるのが商売だから
建物自体、壊して建てたいのはわかりますけどね。
前の安普請の家を売りに出したとき7年目でしたから、そこそこに売れましたけど
10年過ぎればダメだよと不動産屋に言われました。結局は土地の値段での取引ですね。
このボートンハウスのお屋敷は100年以上は経っているのでは、、、。
日本のように25年ほどで家を建て替えなきゃいけないような造りって悲しいです。
【】
千種さん、早速編集仕直したんだけどどこも違わないわ。
編集ボタンをクリックすると編集画面がでるでしょ、それからpassの四角いボックスにパスワードを入れて、間違いを正し、送信しても何にも変わらないの。私のやり方が違うのかな?
【】
千種さーん、あったよー。先程からずっとアストランティア・マヨールを探していたの。十月八日のヒドコートのところのおまけよ。ここには白で茶色がかったボタンや、一重の芍薬、ヒナゲシも載っているわ。
【】
ボートン・ハウスは1週間で2日しか公開していないので旅行の方は日程が合いにくいのですが、珍しい植物が多く僕は大好きです。ボートン・ハウスは今日で終わりです。
【】
照れながら登場します。(^_^)ゞ
M.K.さんのおっしゃるように、トピアリーのデザインがいろいろあって面白いと同時に不思議です。
シンメトリーが基本なのかしら?
ソフトクリーム型(?)なんて、どうやって形を作っていくんでしょう?

カザンさんは花の名前をたくさんご存知ですね。
今日の花は、タイツリソウとペンスモンテンは聞いたことがありました。
ペンステモンは『ハウルの動く城』(原作)に出てくるキャラなので、覚えられました。でも、花を見たのは初めてかも。
ベランダで育てられる花しか覚えられなくて…。
特に、近所によく植わっている植物ほど、名前を知らなかったりします。
【】
M.K.さん、遅くなってすみません。
コメントの修正できないのですか?ヘンですね。この前カザンさんが書いておられたように
はじめにコメントしたときと同じパスワードを使えば修正も出来るはずなんですが、、、。
絵文字も出来たことだし、そのうち「できたわよ!」となるといいですね。

アストランティアが10月8日にあると教えてくださってどうもです。
このおまけ画像で、よくアストランティア・マヨールと分かりましたね。
カザンさんは、どこにも品種名など書かれてないから検索かけてもでてこなかったのですね。
ピンクよりこの白いほうが私も好きです。

ももさん、昨夜はいろいろな情報ありがとうございました!
トピアリー、、、巻き巻きロールのソフトクリーム状にどうやって刈り込むのか
興味がありますよね、模型でも見てやってるのかな?
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。