2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芝生の向こうはゴールデン・ボーダー。

022f.jpg

アルケミラ・モリスの縁飾りと紫の葉のコントラスト。

022a.jpg

鮮やかな黄色のユーフォルビア、右の葉はマクレアヤ・コルダタ(タケニグサ)、奥にパープル・スモークツリーとピンクのゲラニウム。

022b.jpg

022c.jpg

022d.jpg

022e.jpg

トロピカル・ボーダーの芝生の中の小さな池。

021h.jpg


br1.jpg←ブログランキング。応援のクリック、ありがとう!
cat2.jpg
1日1回クリックすると10ポイントアップします。同じ日に2度クリックしてもカウントされません。皆さんの応援が励みになります。

宇藤カザンのホームページ[Vissi d'Arte] はこちら。

【】
カザンさんのブログに苦言なんて態度の大きい千種ですが、いつも素晴らしいです!
なんてツマンナイ。
ボートン・ハウス・ガーデンも9回目になって22日から時々さかのぼって
見せていただいています。イギリスもフランスにも行ったことのない私には
この庭園がいったいどの辺りにあるのかと、カザンさんのHPや手持ちの地図を見て知る
わけですがシリーズで庭園を紹介してくださるときには、簡単な地図に印か記号をつけて
いただくとありがたいと思っています。苦言ではなくてお願いです、、、。

イギリス人が「ハート・オブ・イングランド」と呼ぶコッツウォルズにあるのですね。
数多くの名園やウィリアム・モリスが「イングランドで一番美しい村」と言ったバイブリーや
魅力的な村々が点在するところ。
いつかカザンさんのツアーに参加して実際にこの目で見たいものですね。
【ブログ感想 2】
ゴールデンボーダーとはイエローガーデンなのかな、と思っていたらどうも違うのですね。
イギリスの庭では明るい黄色の葉をもつ植物をgoldenゴールデンとかaureum
オーレウムと呼ぶのだとハーブ研究家の広田靚子(ひろた・せいこ)さんの本にありました。

‘アルケミラ・モリスの縁飾りと紫の葉のコントラスト’この画像ステキですね。
黄色と紫の補色の使い方は上級者だそうで、、、22日のブログで、この庭園のオーナーは
週末しかいないとありましたが素晴らしい庭師といいますか、ガーデナーを雇っていますね。
ノット・ガーデンに、トロピカル・ガーデン、パティオ風庭園、、、いったい何人で庭の管理を
しているのでしょう。
男性的な庭だとカザンさんは書かれてましたがヘッドガーデナーは案外女性だったりして!?
【】
千草さん、コッツウォルドの地図は英語だけれどカザンさんのホーム・ページのイギリスの花景色だったかな?のなかのチップングカムの項の最後で、バラの花のある直ぐ上のところにあります。 私はそれをドラッグしてデスクトップに置いています。時々それを参考にして今はこの辺りで、北の方に行きますとあると、北のどの辺りか見当をつけています。自分の雑記帳にも下手な地図を書いて、このブログで学んだことや主だったことを書き込んでいます。

後でゆっくりカザンさんからご指示があるでしょうが取り敢えず~です。v-238
【】
千草さん:
 今貴女のコメントをよく読み直したらカザンさんのHPの地図は見ていられるのですね。余計なお節介をしてご免なさい。 

 今住んでいる家は一人にしては広すぎますのでこの家を処分してちっちゃな一人用の住まいに引っ越したら私もカザンさんのツアーに参加させていただくつもりですから、自分用の地図を作り、いろいろ書き込んでいるのよ。兎に角今は老人用の狭くて便利でセキュリティーがしっかりした家に引っ越そうと思い、それが先決なのです。

 先日教わった、F2の絵文字先ほど初めて使ったの。成功したのね。最初やってみても、文字しか出ないから間違いだと思っていたらちゃんとハートのマークになっていたわ。目出度し、目出度し。また何か面白いことがあったら是非教えてね。
【】
M.K.さん、ご親切にありがとうございます。

カザンさんの地図はこちらですね↓
http://www.kazanuto.com/mapcotswolds.htm

この地図を見てボートン・ハウス・ガーデンの位置が分かる人は
おそらく一度行かれた方か、イギリス通の人でしょう。

この庭園の住所は
Bourton-on-the-Hill
Moreton-in-Marsh, GL56 9AE  なので
この地図の中央、やや上部にある紫の丸印がある Moretoneーinー Marsh
のところにあるのですね。

イギリスの地名は簡単に調べられても庭園の位置までは分かりにくいです。
M.K.さんのようにご自分で手書きで書くのが一番でしょうけど、、。

これから先は単なるおしゃべりですが
M.K.さん、ついにやりましたね!ハートマークばっちりですね(笑)
先日、カザンさんがパスワードは6桁くらいの、と書かれていましたが
私は4桁です。そのうち2桁にしてみようかなと思ってるのですが。
【】
ボートン・ハウス・ガーデンはモーレトン・イン・マーシュからブロードウェイに向かい、3分の1ぐらい行った分かれ道の手前にあります。ここは木曜日と金曜日しか公開していません。
ヘッド・ガーデナーはポール・ウイリアムズという男性で、ガーデナーになる前はタクシーの運転手とか色々な職業についていたそうです。
【】
M.K.さんは、メモを取りながら、このブログを読んでいらっしゃるんですか! すごいな~。
私は、「へぇ」だの「うわぁ♪」だの、奇声を発しながら読んでいるだけです。

英国政府観光丁のパンフレットは請求されましたか?
http://www.uknow.or.jp/vb/publication/index.htm
なかでも、「英国のガーデンを訪ねて」は、地図に庭園の位置が記されている貴重な(?)パンフレットです。
送料実費ですが、取り寄せる価値があるんじゃないかと思いますよ。

それから、ワールドブリッジ
http://www.world-bridge.co.jp/
という旅行代理店から入手した、英国庭園巡り個人ツアーのパンフレットも有用だと思います。
それには、相当数の庭園リストが地図付きで載っていました。他の日本語のパンフレットでは見たことのない数でした。
現物がどこかへいってしまって、見当たりません。大切にしておかないといけませんでしたね。

旅行に行くか否かは別にして、研究熱心なM.K.さんでしたら今からパンフレットを集めておくのも面白いんじゃないかと思うんですが、いかがですか?

庭園の住所がわかると、地図検索サイトで詳細な場所がわかります。
例えば、ボートン・ハウス・ガーデンの住所だと、Bourton-on-the-Hill, Moreton-in-Marsh, Gloucestershire なので、Multimap.com(http://uk2.multimap.com/
)の検索窓GB postcode or place: に、「Bourton-on-the-Hill」と入力して「Find」を押すと…おおよその場所がわかるんです。
zoomを-にしていけば、広域地図上のどのあたりかわかります。
Aerialボタンを押すと、航空写真に切り替わります。クリックして(ズーム)いくと、この緑のある場所が庭園かなと検討がつくんですね。

ね? 紙上・web上シミュレーションも楽しそうだと思いませんか?
【】
ももさーん、ありがとう。
貴女のブログで英国ツアーの参考になるものとかいう項で見て、英国政府観光庁のパンフレットは請求したばかりでした。 まだ何も言ってこないから分からないけれど、そうそうてっきり忘れていたわ。送付料はこちら持ちというのだったわ。
 
それから、貴女のブログは何度コメントを送ろうとしても、そちらに届かないようなの。何でだろう。二度目のだけが送信に成功したの。その後数回書いたんですが、送信されずだったの。ブログとの相性みたいなのがあるのかしら。このF2とかいうのも、カウンターのところにポインターを合わせるとエラーと出て消えちゃうのでモーレツ苦労しているの。

貴女の河津のガバテル・バラ園とかの記事も全部見せていただきました。最近もう一つブログが増えるとありましたが、そちらはまだ覗いていないの。

兎に角参考サイトは一応全部参考にさせていただいています。有り難うね。親切ってうれしいなー!v-22
【】
ももさーん、
今イギリスのmulti map を検索して航空写真も見てみました。スゴーイ!大体分かりました。以前にも貴女の参考文献かなにかを見てmulti mapのサイトに来て、コッツウォルズの辺の地図を矢張りドラッグしてデスクトップに置いてありました。数枚の地図がデスクトップにもあるのよ。

航空写真のページをポインターで探ると色々なことが分かりました。有り難う御座いました。
【】
すごい!ももさん、地図検索サイト私もさっそくお気に入りに追加しました。
まさしく、カザンさんのおっしゃるような位置にあるようですね。
5000分の1の航空写真で、しばらく遊んでました(笑)

>ボートン・ハウス・ガーデンはモーレトン・イン・マーシュからブロードウェイに向かい、
>3分の1ぐらい行った分かれ道の手前にあります。

【】
M.K.さんの、そして千種さんのお役に立てて嬉しいです!
Googleアースも遊べるらしいんですが、まだ使ったことがないんです。

昨日は、自分のブログにレスを付けられなくて奮闘しました。
たまに調子が悪いときがあるみたいです。
ご迷惑かけてごめんなさい。
禁止Wordを設定してはいますが、M.K.さんが使うとは思えない語句ばかりですから…。
【】
なんだかコメントが凄く活発になっているのでびっくりです。僕としてはとても嬉しく思います。multi map は凄いですね。ホテルや庭園の位置を調べるのに利用しています。とっても辺鄙なところに庭園があることが多いのですが、前もってプリントアウトしておけ役に立ちます。でもツアーの皆さんには野生の勘でかぎつけると言っていますが、、、

このブログの特にコメント欄はWINDOWSのInternet Explorer対応なのでFirefoxで開くと乱れます。またMacも正確に対応しない可能性があります。

インターネットでパリのオペラのチケットを予約したり、南仏からコルシカ島へのフェリーを予約したり出来るのは凄いことですね。

【】
インターネットがあるおかげで、こうしてカザンさんの美しい写真を拝見できるんですもの、素晴らしいことですよね。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。