2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボートン・オン・ザ・ウォーターのハンギングバスケットです。

03ax.jpg

03q.jpg

ボートンは人が多くて花はたいしたことないので近くのロウアー・スローターに行きます。ロウアー・スローターにはアイ川が流れ、水車小屋ミュージアムがあります。

03m.jpg

ミュージアムには入ったことがないのだがミュージアムショップのアイスクリームは抜群においしい!

03n.jpg

水車小屋の近くのかわいい家の玄関先にはバスケットが置いてあってポプリを売っていました。もちろん無人、ロンドンでは考えられないけれど田舎はのんびりしていていいですね。

03i.jpg

ゲートを閉めないと2ポンドの罰金だって、、、

03dx.jpg

石塀の上にはカンパニュラ(ペルシキフォリア)まで咲いている!手前はコンパクトタイプのアルケミラ、Alchemilla conjuncta でしょう。

003f.jpg

通路の石畳の隙間にはアルケミラ・モリスが、、、ほとんど土がないところでよく育つものです。

03ex.jpg

03t.jpg

03z.jpg


br1.jpg ←今日も応援のクリック、よろしくお願いします!

1日1回クリックすると10ポイントアップします。同じ日に2度クリックしてもカウントされません。皆さんの応援が励みになります。

03y.jpg

宇藤カザンのホームページ[Vissi d'Arte] はこちら。

【】
こんにちは、ロウアー・スローターは水辺があって感じの良いところですね。
カザンさんは多分ここの景色を作品に残されていると思うのですが、絵を描かれる途中で
アイスクリームを食べている姿を想像すると楽しくなります。
大好物なのでしょうね、よほど。
どういう風においしいのか、ひと口でいいから私も食べてみたいです。

夏の頃のブログにアイスクリームのレシピが掲載されてましたが、子供たちが
小さな頃は安全でおいしいものをと手作りしていたのに最近は無添加やおいしいのが
手に入るので作らなくなりました。カザンさんが公開してくださったレシピなどは
全部印刷してあるので来年はカザン流・簡単アイスクリーム作ってみます。

アルケミラ・モリスの画像 ‘極限に生きる植物’という本を思い出します。
【】
きれいな水があるところはいいですね。汚れないように保護しているはずです。
イギリスやフランスでアイスクリームがおいしいのは生クリームが濃厚だし、果物が安くて新鮮でたっぷり入っているからでしょう。夏季限定のサマーフルーツミックスが一番おいしかったかなぁ。。。
夏の週末のボートン・オン・ザ・ウォーターはすごい人ですが、ロウアー・スローターは観光バスが入れないので観光客はいるものの静かです。
絵を描いていると馬や犬や子供が水浴びしていきます。

【】
カザンさん はじめまして
いつも見させて頂いてます。イギリス好きですので、それにカザンさんのセンス!毎日楽しんでます
コメントしたいと思いながら、できなかった臆病者です。

昨年の6月、アッパースロウターから ローアスローターいきましたよ。マナーハウスに泊まり、前の草原を羊さんの落し物を踏まないように、下ばかり見て歩くのはちよっと残念でしたが、それもまた楽しいですね。
画像と同じ写真、いくつも撮ってきました。なつかしくて・・

コンサートの下の絵は、バイブりーとアッパースロウターですよね。先日TELで申し込んだのですが、案内こないのですが・・
【】
カザンさんのブログで初めてヒューケラやアルケミラがこんなにポピュラーだと知りました。今までは全然興味がありませんでした。ヒューケラは数株家にもありますが、全く無視していました。最近は親しみを込めて眺めるようになりました。 

ボートン・オン・ザ・ウオーターとは響きが良い名前ですねー。水辺で物思いに耽りながらアイス・クリームを食べるのも良いな。アイスクリームといえば、一番最初に感銘を受けたのはロス・アンジェルスで食べたエスキモーパイというスティックでチョコレート・コーティングのあるものでした。小さなワゴン車で楽しい音楽を鳴らせながら住宅街に売りに来るものでした。その次は、アイスクリームケーキでした。こちらはチョコレートのスポンジのロールケーキにヴァニラアイスクリームを芯に巻いた物で。これが素晴らしく美味しかったように記憶しています。今でも有るのかナー。

手作りの食品はとても好きです。薫製も作ります。オイスターの薫製なんかとても美味しいですね。燻煙して冷ましてからオリーヴオイルに漬けて瓶詰めにします。これから牡蛎が美味しい季節になりますね。生ガキもグラタンも良いですね。
【】
ike-mi さん、すいません。遅くなりましたが、案内今日発送します。
【】
エスキモーというとパリのコンサートのときの幕間に売っているチョコがコーティングしてあるアイスを思い浮かべます。世界的なアイスクリームメーカーなのでしょうか?
【やっぱりきれいだな~】
ロウアー・スローターに滞在した時のことを懐かしく思い出しました。
空気は爽やかでおいしかったし、川は浅くおだやかでとてもキレイ。
とても心地よかったなぁ。
ボートン・オン・ザ・ウォーターのお店で買った、ロウアー・スローターの絵葉書(水彩画)を今も部屋に飾っています。
ときどきそれを眺めては思い出していましたが、やっぱり写真のほうが鮮明に思い出させてくれますね。
石塀の上に草花が咲いているんですよね。驚いたな~。

ミュージアムショップのアイスクリームは食べ損ないました。
でも、そんなにおいしいなら、やっぱり食べておけばよかったなぁ。
【】
去年まではブロードウェイのDELIという店のアイスクリームがおいしかったのだけれど今年は店がなくなってしまった。アイスクリームなんて材料がよければ不味くできるはずがないと思うけれど。。。。。
ロウアー・スローターは本当にいいところですね。THE OLD MILLのアイスクリームを今度は是非食べてみてください。
【】
今日はコメントが多いので遠慮したほうがいいかなと思いつつ、質問せずにはいられません。
最後のオマケ画像、このオーガニックと表示してある容器の中身は「単なる生クリーム」
それとも全部ブレンドしてある「アイスクリームの素?」どちらなのでしょう。

私はまだ自信がなく作ったことはありませんが、料理からお菓子作り何でもOKの
カザンさんなら「アイスクリームの天ぷら」も勿論自家製!?
【】
オマケ画像は外に置いてある看板だから中には砂でも入っているのでは?残念でした!
アイスクリームの天ぷらは聞いたことあるけれど特に食べたいと思わないので作りません。料理からお菓子作り何でもOKというほどではありませんよ。最近は忙しいのでほとんどしませんし、、、おいしいものを食べるのは好きですが。

ところで一番おいしかったアイスはフランスのラ・コート・ドールというレストランのデザートだっだけれど、どうしたらああいう味になるのか見当が付きませんでした。オーナーのロワゾー氏は亡くなってしまったのでもう行くこともないでしょうが、最も好きなレストランでした。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。