2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チッピングカムデンの近くのブロックリー村の秋です。

1026b.jpg

1026c.jpg

チッピングカムデンの近くの典型的なコッツウォルズ風景。

1026d.jpg

ヒドコート・マナー・ガーデンから見る牧草地。

1026e.jpg

だいぶ寒くなってきたからもっこり毛皮が暖かそう。

1026a.jpg

こちらの家ももっこり着込んで暖かそう。

1026h.jpg

晩秋の牧場の入り口風景。

1026f.jpg


br1.jpg ←今日も応援のクリック、よろしくお願いします!

1日1回クリックすると10ポイントアップします。同じ日に2度クリックしてもカウントされません。皆さんの応援が励みになります。

1025i.jpg
ブラックベリー

宇藤カザンのホームページ[Vissi d'Arte] はこちら。


【】
アルバ・サロンコンサートの日程が決まったのですね、素晴らしい演奏家の方々の
奏でる天上の音楽とやらをCDではなく会場でお聴きしたいものです。

羊にもいろんな毛並みがあるようでマーブルチョコみたいな模様のが面白いですね。
ところで、この前から気になっている左のプチ・サーシャについてですが、
このゴミ箱入りのままひっくり返った写真が可愛くてたまりません。
このあと、どうやって体勢を整えたのですか。カザンさんがヨシヨシと手助けして?
【】
猫に手助けは必要ありませんよ。ダンボール箱に入るのも好きなので入ったら意地悪してふたを閉めてしまうのですがそれでも小さな隙間から出てきます。いたずらざかりですから見ていても面白いです。
【】
昨日書いたコメントは矢っ張り入っていませんでした。送信ボタンをクリックしてもなかなか送信出来ないトラブルが続いています。昨日のと同じ事を書くことは出来ませんが、大方こんなことでした。
 
静かなブロードウエイの秋から、一気に秋たけなわの場面に飛んで美しい秋を満喫。四番目の黄葉の景色が特に好きです。

先週のニューズウイークに、福原成雄(まさお)という庭園ディザイナーのことが「世界が尊敬する日本人(100 )」の中に一ページの三分の二を割いて掲載されていました。この名前を見たときに、確かカザンさんのブログのウイズリー・ガーデンかどこかでプレートに刻まれた名前と同じではないかと思い過去のブログを探しました。八月十二日のウイズリー・ガーデンのロック・ガーデンの紹介のところにありました。この方は大阪芸術大学環境計画学科で教鞭をとるかたわら、ガーデニングの本場イギリスを度々訪れ、日本庭園の「伝道師」として活躍されているとのことでした。
何方かがコメントで」日本人の名前があって嬉しい」と書い
ていられましたが、私も同様、ニューズウイークでもその方のお名前を見て、私達の知らないところでも多くの日本人が海外でも活躍されているのを見聞することは非常にうれしいですね。

また、カザンさんが若い芸術家の方々を応援してあげたいと一生懸命に成っていられることにも大変感動します。

微意ではありますが、私も協力させていただく積もりです。
【】
ブログの記事を書いていて途中で接続が中断され、全部無駄になってしまうことがたまにあります。そうするとがっかりだし、同じことを二度書くのは面倒なので二度目は手抜きにすることもあるし、却って良くなることもあります。
トラブルの原因はよく分かりませんが、このブログのFC2の方に原因がある場合もあるかも知れません。夜間11時台は混むので送信してもアクセスに時間がかかりアップできない場合もあります。M.K.さんのプロバイダーの回線容量不足とかもあるかも知れないし、、、そういうことに詳しくないのでよく分かりませんが、大体花好きとパソコンの世界は世界が違うというかとても遠いのが普通ですからね。それにしてもインターネットの世界は現代の魔法のランプのようですね。検索機能なんてすごいと思わずにはいられません。

和風のロックガーデンをヨーロッパ人の人が作るとどこかおかしいのですが、それは彼らが滝や渓流をあまり見たことがないからで、その点日本人は見慣れているのでナチュラルな感じを出すのが上手いと思います。ウィズリーのロックガーデンも福原氏の設計の新しい部分が加わりスケールが大きくなりました。植物が馴染むまでにはまだ数年を要するでしょうがとても楽しみです。

トリオのメンバーは素晴らしい人ばかりなのですが地味な室内楽で聴衆を集めるのはとても大変ですので東京近辺のお知り合いがいらしたら是非お声を掛けてください。チラシをお送りすることもできますのでどうぞよろしくお願いします。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。