FC2ブログ
2019 / 11
≪ 2019 / 10 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2019 / 12 ≫

キフツゲート・コート・ガーデンのノース・ボーダーには黄色い葉のフィラデルフュス・コロナリウス・アウレウス(バイカウツギ)が並んでいてすごくいい香り。フィラデルフュスは特に夕方に強く匂う。英語ではスイート・モック・オレンジ、フランス語ではスリニャとも言う。

1020g.jpg

ノース・ボーダーはワイド・ボーダーとイエロー・ボーダーをつなぐパース(小路)のような感じで、右側に見える白斑の木はコルヌス・アルテルニフォリア・アルジェンテア。

1020f.jpg

あらゆる木の中で最も美しいとカザンには思える。

1020a.jpg

コルヌスの下にこんな葉が、、、これは何だろう?

1020e.jpg

コルヌスとモミジの間のイエロー・ボーダーです。

1020l.jpg

イエロー・ボーダーの花たち。

1020k.jpg

イエローボーダーと並んでローズ・ボーダーがあり、ピンクのバラの小路となる。遅咲きなので6月中旬にはあまり咲いていなく、アイスバーグのような白いバラが咲いているだけだった。

1020b.jpg

1020d.jpg

1020c.jpg

キフツゲイトのバラがきれいに咲くのは7月に入ってからで、イギリスで一番大きいバラの木といわれるこの庭園のキフツゲートはサンクン・ガーデンとローズ・ボーダーの間にあります。左上から大きな銅葉ブナの木に向かって広がっているのがキフツゲイトです。

1020q.jpg

ローズ・ボーダー

1021x.jpg

ローズボーダーの突き当りにはサイモン・ヴェリティ作の女性像の椅子が、、、手前のアーチはソルブス・アリア・ルーテッセンスで、普通の樹形のままでも美しい。特に春先の葉の色は銀色がかったエメラルドグリーンでとても魅力的。夏になると葉表が普通の緑色で葉裏は銀青色になる。

1020m.jpg

1021z.jpg


br1.jpg ←今日も応援のクリック、よろしくお願いします!

1日1回クリックすると10ポイントアップします。同じ日に2度クリックしてもカウントされません。皆さんの応援が励みになります。

ソルブス・アリア・ルーテッセンスの春の新葉色。夏になると普通の緑になるが、葉の裏側は灰緑色。

10aria.jpg

宇藤カザンのホームページ[Vissi d'Arte] はこちら。

br3.jpg ←人気ブログランキングに参加しています。
ネコをクリックするとポイントがアップして、花のブログがたくさん見られます。

1日1回クリックすると10ポイントアップします。同じ日に2度クリックしてもカウントされません。皆さんの応援が励みになります。

【】
白いバラがとっても豪華でステキですね~♪
まだまだたくさんつぼみがついているので
長い期間楽しめそうですね。我が家にも白い
バラがありますが、真っ白のバラが太陽に
照らされるとバラ自体が光っているように
見える時があるんです(^^)
【グリーンのアーチ】
最後の写真のグリーンだけのアーチもなかないいものですね。突き当たりの女性像の椅子とぴったりマッチして。ニクイ演出です!
【】
白いバラは確かに光って見えることがありますね。夕方少し暗くなった頃ぼーっと浮き上がるのを見るのも好きです。

女性像の手前の木はソルブス・アリア・ルーテッセンスという木なのですが、春は明るい灰緑色というか、銀とトルコブルーを混ぜたようなすごくきれいな色です。夏になると普通の木の色になってしまいますが、、、
【】
カザンさんが美しいとおっしゃる木は一瞬白露錦に見えましたが、白露はヤナギ科で
コルヌス・・はミズキ科なので違うのですね。

最後のアーチの植物が魅力的だったのでソルブス・アリア・ルーテッセンスで検索したら、
カザンさんのHPの一件だけにしかヒットせず。
手持ちの本で調べたら高さ、広がりとも15メートルとあったので、こうして
ツル仕立てにできるのですね。小さな木なら庭にほしいなと思いましたが
無理だとすぐに諦めました。

「これは何だろう?」はツワブキの葉に似ているなあ、、、です。
カザンさんは先日の赤葉ヒューケラにしてもこの手の色に弱いのですね。
私ならたとえ憧れのカザンさんから「あげるよ」と言われても
「結構です」と断るでしょう(笑)
FC2ブログのコメント絵文字、もう少し気の利いたのはないんでしょうか?
【】
ハクロニシキは低木なので2メートル以上にはなりません。ソルブスは英語風に発音すればソーバスですのでソーバスならもっと検索に引っかかるかも知れません。「これはなんだろう?」は最初オキザリスかと思ったのですがそれにしては葉があまりにも大きいし、葉の形も違うし、、、ツワブキより葉が薄いようだし、、、
【】
ブロッグ ヘッドにキフツゲートが載りましたね。秋だから紅葉も悪くないけれど、この白バラの方がお洒落な感じがします。

コルヌスという木は、一瞬“なんじゃもんじゃ”(ヒトツバタゴ)かと思いましたが、直ぐに違うことが分かりました。ナンジャモンジャも満開の時は雪を被ったように真っ白に見え、とても綺麗です。
アーチのソルブス・アリア・ルーテッセンスも良い感じですね。トルコブルーに銀色をミックスした色って想像しただけでも大人っぽい垢抜けた色のよう。スタチュウーだと思っていたのは椅子だったんですね。ユーモラスな感じで遊びがありますね。

千種さん、過去に色々挑戦して沢山花を作っていましたが、最近は、生活をもっとコンパクトにしようと思い花も木も減らしています。ご近所や友人達に形見分けと言って貰って戴きました。花の知識は余りないのよ。知っていることは何でも伝授しますけれど。あなたの方が勉強家だわ。
【】
ソルブス・アリア・ルーテッセンスの芽出しの葉色をアップしておきます。
【】
ヒャーッ!もうアップして下さったんですね。ビックリしたわ。その内、絵を書いている友人に頼んでトルコブルーと銀をミックスして見せて貰おうと思っていました。トルコブルーも銀も大好き!

良い色だわ。この色数年前に“ミント・グリーン”とかいってファッションで流行った色のように思います。
矢張り私の好きな色です。この色のキルティングのジャケットとベストを持っています。衣類より植物の方が興味がありますが。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ