2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キング・ジョンズ・ロッジには噴水と共に日時計があります。広いイングリッシュガーデンには池、噴水、日時計、彫像が必ずといっていいほどありますね。

0918eg.jpg

日時計の足元にはクリーピング・タイムが、、、

0918vu.jpg

庭の一番奥には細長い池があります。そしてその先は広い牧草地。羊が草を食んでいます。この写真では左が庭で右が羊のいる牧草地です。手前のステップは人は渡れるけれど羊は渡れなく、この池は羊が庭に入り込まないための堀なのです。柵をするよりすっきりして美しいでしょう!

0918xk.jpg

細長い池の先には別のナチュラルな池があって水辺の花が咲いています。

0918ff.jpg

ここでもアスチルベとアルケミラが池のほとりに植わっていました。

0918dj.jpg

カンパニュラ・ラティフォリアです。

0918kr.jpg

池のそばの通路にはテーブルと椅子が、、、

0918dk.jpg


br1.jpg ←今日も忘れず応援クリック、ありがとう!


宇藤カザンのホームページ[Vissi d'Arte] はこちら。

0918ei.jpg

キング・ジョンズ・ロッジのベッドルームはこの部屋が一番です

【】
カザンさん、こんにちは!
忙しい毎日を送っていると、本当にこんな素敵な場所に、長く滞在したくなります。
カザンさんの立ち上げられたという、国内の数々のペンションも、すごく素敵でした。
せめて今は、近場の白馬とか行ってみたいですね!
’ピアノと海と花との生活 Ⅱ’の’盗まれた名画’出来ました。お時間があったら、お寄りください!
【】
B&Bやペンションの良し悪しは写真だけではなかなか分からないと思います。キング・ジョンズ・ロッジのオーナーはピアノを弾くのですが、宿泊客は使えないでしょう。
4人だったら1週間単位の貸し別荘タイプの方がB&Bより安くなります。
【】
花芯が紫の白いアイリスが素敵ですね、カンパニュラ・ラティフォラリアも大好きな花です。それに木製のベンチを見る度に羨ましく思っています。日本では木製のガーデンファニチャーは数年で腐ってしまいます。ドイツのキシラデコールという防腐剤を塗っていますが、それでもダメです。
【】
ヨーロッパは冬は湿気が多いのですがそのほかの季節は乾燥していますね。雨に当たってもすぐに乾くから濡れても気にしないし傘もほとんど差しませんね。鉄も表面が錆びても朽ちるということが無いし、木も日本よりは長持ちするようです。日本は温帯(最近は亜熱帯?)モンスーン気候だし、自然条件を変えるわけにはいかないのでしょうがないですね。
【】
こんばんは
 日時計の足元のクリーピングタイム可愛いですね。
 それに触ると香りも良いでしょうね。
 日時計の周りの、白い薔薇やリクニスたちも爽やかですね。

今日のモーツアルト
 交響曲第38番 二長調 「プラハ」 K、504
  1786年  モーツアルト30歳
 画面はプラハのスタボフスケー劇場です。
【】
野生のクリーピングタイムがフランスの庭にたくさんありました。芝刈り機をかけているといい匂いがするなと思うとクリーピングタイムでした。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。