2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国王立園芸協会(RHS)は2年前に創立200周年を迎えましたが、RHS所有の庭園の一つであるウィズリー・ガーデンは100年以上の歴史があり、97ヘクタールの広さですからそれを維持管理するのは並大抵ではありません。
それらの管理は専属のガーデナーがいるとは思いますがボランティアの人たちの力も大きいでしょう。庭園では常に作業をする人を見かけます。

0821a.jpg

グンネラのあたりで作業する人たち。

0821b.jpg

ガーデンの入り口を入ってすぐのところに方形の花壇があり、毎年違ったデザインで植物で文字や文様が作られています。
王立園芸協会総裁のエリザベス女王在位50周年の2002年は王冠とTHE QUEEN'S GOLDEN JUBILEEの文字がデザインされていましたし、2004年は園芸協会創立200年の年でしたのでRHSと200 YEARSの文字が描かれていました。

0821hz.jpg

訪れた日に作業していた女性は日本人で2年間イギリスに滞在し、ボランティアで作業をしながら園芸の知識を学んでいるということでした。

0821c.jpg

左隅に見えるセダムなどの小さな苗を台の上からていねいに植えていく作業は大変ですが達成感があるのではないでしょうか。

0821d.jpg

15年前にイギリスの庭園を訪れたときは日本人の来園者に一人も会いませんでしたが、今ではほとんどの庭園で出会います。しかも園芸作業をしている日本女性も頻繁に見かけるようになり、コッツウォルズの小さなナーサリーでも働いていたので驚きました。
パリの花屋でもスタジエ(見習い)として日本女性がいるのは当たり前の景色になっていますので、女性の花世界での海外進出は確実に進んでいるでしょう。またヨーロッパのフランス、イタリア料理の一流レストランでは日本人男性がたくさん厨房で働いています。

0821g.jpg

[花のブログ・ランキング] ←1日1回の応援クリック、ありがとう♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

New!
宇藤カザンのブログ[アンティークのある暮らし] はこちら。
宇藤カザンのホームページ[Vissi d'Arte] はこちら。

【台の上からですね】
いつも素敵な写真をありがとうございます。
日本にいながら外国の様子がわかり、とてもありがたく思っております。

今では日本人もあちこちに進出しているのですね。

この方形の花壇は台の上から作業するんですか。
なるほど、です。
【】
作業中に出会ったのは僕も初めてだったのでなるほどねと思いました。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。