2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本でもたくさんの人がバラを育てています。10年前は日本でバラを咲かせることは至難の業ではないかと思っていたので多くの人が見事に咲かせているのを見ると驚きです。バラは病気になりやすく特に高温多湿には弱いでしょう。

イギリスの気候は夏もさわやかで乾燥しているのでバラを育てるのはとても楽です。雨も適度に降ってくれるしほとんどの品種のバラはたいした手間も無く咲いてくれます。昆虫が少ないのも幸いしているかもしれません。

日本はハンディキャップがある分大変だと思いますが皆さん本当に良く育てています。バラだけでなくクレマチスや他の植物も充実して来てこんなものまで日本で売っているのかと驚くことも多くなりました。

今日はピンクのバラをごらんください。

0820h.jpg

0820f.jpg

[花のブログ・ランキング] ←1日1回の応援クリック、ありがとう♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

New!
宇藤カザンのブログ[アンティークのある暮らし] はこちら。
宇藤カザンのホームページ[Vissi d'Arte] はこちら。

【スケールが大きい!】

こんにちは。
初めまして。

スケールがとっても大きいですね。
私もブログで道端の花を記事の横にちょこっと掲載いているのですが、壮大ですね。

よろしければ、こちらにも一度お立ち寄りください。

ポちっ、ぽチッ!
【】
最近では日本でも素晴らしいバラ園が出来てきました。特に地方ががんばっていると思います。これからが楽しみです。
【はじめまして】
こんばんはv-22

先日は私のブログにいらしてくださってありがとうございました。
カザンさんのHPを少し拝見させて頂きましたがとても素晴らしいお写真ばかり、すっかり見入ってしまいましたe-266
ジヴェルニーのモネの庭、行ってみたい憧れのお庭なんですよe-343
絵画鑑賞が大好きで時間があれば美術館に出向いています。
なかでも印象派の絵画は大好きですi-84
かなり前になりますが、東京のブリジストン美術館のモネ展にも行きました・・・
これからHPのお写真を鑑賞させて頂くのが楽しみになりそうです、勿論ブログのお花もしかりですよi-176
私はホテルの経理のお仕事をしていますので、シーズン中の今はとても忙しいです。
私のブログは暫くスローペースですが宜しくお願いしますv-522
【】
こんばんは
 ピンクの薔薇はやはり可憐で可愛いですね。
 我家の薔薇は見る影もない状態ですが、春には
新葉が出てきて、美しく咲いてくれます。
 10日程信州(海抜約1000m)にいました。
 日中は外の日差しは強いですが、部屋はクーラーなしの別天地です!!
 冬用の掛け布団でないと、朝方寒い位です。
 今日のモーツアルトは「聖母マリアのためのリタニア」K,195です。
 18歳の時の作品
 
 
 
 
【】
ジヴェルニーはフジとジャーマンアイリスが咲く5月中旬がきれいですね。

【】
こんばんは
 [花のブログ・ランキング]をポチポチしていましたら、0820k、jpgの画像が表示されていませんでした。
 
【】
確かにあった画像が2つ消えていますね。もしかしたら同じ番号を付けて画像ファイルをアップしたために前の画像がが消えてしまったのかも。
ポチポチしてくれてありがとうございます。でもさかのぼってポチしてもカウントされません。一つのPCのIDで1日一回しかカウントされないようになっているのです。日にちが変わるとPCのIDが変わるようです。
【ポチポチ】
 そうだったのですか、知りませんでした!
 教えてくださってありがとうございます。
 

【イングリッシュガーデンの原点】
今日のイギリスの庭園作りに大きな影響を、与えたとされている日本の田舎の風景。
130年ほど前、イギリス人女性による日本奥地の旅日記。
イサベラ・バード著「日本奥地紀行」
日本の古き良き(?)時代を知ることのできる、貴重な一冊です。暇な方はどうぞ。
この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。