2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1969年に作曲され、シルヴィー・ヴァルタン Sylvie Vartan が歌う「悲しみの兵士」 "Les Hommes" の原題は「男たち」です。商業主義とセンチメンタリズムから「悲しみの兵士」と邦題が付けられましたが、兵士と言うよりは一般の民衆を指していると思います。

1970年に日本でリリースされましたが、ヴァルタンとしてはかなり異色な内容の歌なのではないでしょうか?フランス革命がベースになっているようで、語りの部分は夫のジョニー・アリディ Johnny Hallyday です。

30502a.jpg

Les Hommes  Sylvie Vartan  悲しみの兵士  シルヴィー・ヴァルタン

30502k.jpg

Les Hommes  悲しみの兵士    《宇藤カザン訳》

Tu vois cette affiche
Sur le mur de ma chambre
C'était un homme
Un de ces hommes
Qui n'avait plus rien à perdre

僕の部屋の壁にビラが貼ってあるだろう
そいつはもはや何も失うもののない男たちの中の
1人の男のものだったんだ

Ils avaient cru semer du pain
Mais il n'a poussé que des pierres
Ils ont prié le ciel en vain
Alors ils ont serré les poings

彼らはパンの種を撒いたつもりだったが
生えてきたのは石ころだけだった
彼らは空しく天に祈り
そして拳を握り締めた

Ils ont pris leurs chevaux et leurs fusils
Au lever du soleil, ils sont partis
Les hommes qui n'ont plus rien à perdre
Descendent vers la ville
Pour tout détruire et tout brûler
Les hommes dont le coeur en colère
Appellent un chant de guerre
Un chant de liberté

彼らは馬にまたがり、銃を取って
夜明けと共に出発した
もはや失うものは何もない男たちは
破壊し尽くし、焼き払うために
都会へと向かう
怒りに満ちた男たちは
戦いの歌を
自由の歌を呼びかける

Il dort maintenant
Sous quelques pierres de son pays
Mais je sais que son nom et son visage
Sont connus de tous les hommes

今では彼らはそれぞれの故郷の石の下に眠っているが
彼の名前と彼の姿は世の人々にあまねく知れ渡っているのだ

Ceux qui n'iront jamais plus loin
Les bras en croix dans la poussière
Oh ! Ceux dont c'est le dernier matin
Ne seront pas tombés en vain

埃の中で両腕を広げて
力尽きて倒れた男たち
おお!彼らは無駄に倒れて
最後の朝を迎えたのではないだろう

Leurs noms seront plus forts que leurs fusils
Ils voleront de pays en pays
Les hommes qui n'ont plus rien à perdre
Descendront vers les villes
Pour tout détruire et tout brûler
Les hommes dont le coeur en colère
Fera d'un chant de guerre
Un chant de liberté

彼らの名前は銃よりも強く
国から国へと伝わって行くだろう
もはや失うものは何もない男たちは
破壊し尽くし、焼き払うために
都会へと向かうだろう
怒りに満ちた男たちは
戦いの歌を
自由の歌を歌うだろう

Tu vois, aujourd'hui comme hier
Demain comme aujourd'hui
Les hommes qui n'ont plus rien à perdre
Descendront vers les villes
Pour tout détruire et tout brûler
Et quand les hommes sont poussés par la colère
Ils font d'un chant de guerre, un chant de liberté
Aujourd'hui comme hier
Demain comme aujourd'hui

ほうら、昨日のように今日も
今日のように明日も
もはや何も失うもののない男たちは
破壊し尽くし、焼き払うために
都会へと向かうだろう
男たちが怒りに突き動かされれば
彼らは戦いの歌を、自由の歌を歌う
昨日のように今日も
今日のように明日も

30502g.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。



この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。