2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョルジュ・ブラッサンス Georges Brassens の「砂の城」 "Les château de sable" です。このシャンソンは小さな叙事詩とも言える内容を持ち、子供の頃の浜辺の出来事に対するノスタルジアと大人になってからの戦争の虚しさを重ね合わせる内容となっている。

20829fr.jpg

ブラッサンス自身の動画が無かったのでマクシム・ル・フォレスティエのギターの弾き語りで聴きましょう。

20829fkw.jpg

Les château de sable  Maxime le Forestier  砂の城  マクシム・ル・フォレスティエ

20829c.jpg

Les château de sable  砂の城     《宇藤カザン訳》

Je chante la petite guerre
Des braves enfants de naguère
Qui sur la plage ont bataillé
Pour sauver un château de sable
Et ses remparts infranchissables
Qu'une vague allait balayer.

勇敢な子供たちの
小さな戦争の歌を歌おう
それはついこの前のこと
波が来たら流されてしまいそうな
そそり立つ城壁の砂の城を守るために
浜辺で戦った子供たち

J'en étais : l'arme à la bretelle,
Retranchés dans la citadelle,
De pied ferme nous attendions
Une cohorte sarrasine
Partie de la côte voisine
A l'assaut de notre bastion.

僕もそうだったけれど
武装し塹壕を掘って
城塞に立てこもり
隣の海岸の
サラセン人のような一団が
僕たちの砦へ襲撃して来るのを
みんなで踏みとどまって待ち構えた

A cent pas de là sur la dune,
En attendant que la fortune
Des armes sourie aux vainqueurs,
Languissant d'être courtisées
Nos promises, nos fiancées
Préparaient doucement leur coeur.

そこから100歩先の砂丘の上では
勝利の女神が微笑むよう
戦闘の行方を期待しながら
言い寄られてのぼせ上がっている
僕たちのいいなずけ、僕たちの婚約者が
密かに心待ちにしている

Tout à coup l'Armada sauvage
Déferla sur notre rivage
Avec ses lances, ses pavois,
Pour commettre force rapines,
Et même enlever nos Sabines
Plus belles que les leurs, ma foi.

すると突然野蛮な大艦隊が
槍と盾でもって
強引な略奪を犯すために
奴らの女たちよりずっときれいな、本当に
サビーヌを誘拐するために
僕たちの海岸に押し寄せた

La mêlée fut digne d'Homère,
Et la défaite bien amère
A l'ennemi pourtant nombreux,
Qu'on battit à plate couture,
Qui partit en déconfiture
En déroute, en sauve-qui-peut.

乱戦はホメロスの詩さながらに
敵は大勢居たけれど
奴らはひどい敗北で
徹底的に叩きのめしてやった
奴らは惨敗を喫して、戦線を離脱し
先を争って逃げ去った

Oui, cette horde de barbares
Que notre fureur désempare
Fit retraite avec ses vaisseaux,
En n'emportant pour tous trophées,
Moins que rien, deux balles crevées,
Trois raquettes, quatre cerceaux.

そう、この野蛮な一団は
我らが勇猛果敢な怒りに
たいした戦利品も持ち去らずに
取るに足らない、裂けたボールを二つ
ラケットを三つ、輪回しの輪を四つだけで
奴らの船で退散した

Après la victoire fameuse
En chantant l'air de "Sambre et Meuse"
Et de la "Marseillaise", ô gué,
On courut vers la récompense
Que le joli sexe dispense
Aux petits héros fatigués.

とてつもない大勝利の後
「サンブル河とムーズ河」の歌を歌い
そして「マルセイエーズ」を歌いながら、ああ愉快
戦い疲れた小さな英雄への
可愛い女の子が分け与えてくれる
ご褒美へと走り寄るのだった

Tandis que tout bas à l'oreille
De nos Fanny, de nos Mireille,
On racontait notre saga,
Qu'au doigt on leur passait la bague,
Surgit une espèce de vague
Que personne ne remarqua.

僕たちの英雄的な物語を語り
仲間のファニーやミレイユの事や
その指に指輪をはめることを
ひそひそ話していた間
誰も気が付かないうちに
波のようなものが出現した

Au demeurant ce n'était qu'une
Vague sans amplitude aucune,
Une vaguelette égarée,
Mais en atteignant au rivage
Elle causa plus de ravages,
De dégâts qu'un raz-de-marée.

それは大して幅は無かったけれど
それでもやはり波に違いなかった
迷いはぐれたさざ波にしか見えなかったのだけれど
海岸に到達する頃には
津波のようになって
壊滅的な被害を与えたのだ

Expéditive, la traîtresse
Investit notre forteresse,
La renversant, la détruisant.
Adieu donjon, tours et courtines,
Que quatre gouttes anodines
Avaient effacés en passant.

津波は抜かりなく素早く
僕たちの要塞を包囲し
それをなぎ倒して
破壊した
主塔も塔も幕壁もさらば
取るに足らない4つの斑点となって
ついでに消されてしまったのだ

A quelque temps de là nous sommes
Allés mener parmi les hommes
D'autres barouds plus décevants,
Allés mener d'autres campagnes,
Où les châteaux sont plus d'Espagne,
Et de sable qu'auparavant.

あれから幾らかの時が経って
僕たちは男たちと一緒に連れて行かれた
失うことだらけの別の戦い
別の戦場に連れて行かれた
そこの城も砂上の楼閣に過ぎず
初めから砂で出来ていた

Quand je vois lutter sur la plage
Des soldats à la fleur de l'âge,
Je ne les décourage pas,
Quoique je sache, ayant naguère
Livré moi-même cette guerre,
L'issue fatale du combat.

同じ年令の兵士たちが
浜辺で戦うのを見ても
僕は水を差したりはしない
少し前にこの戦いを自分に課して
戦闘の運命的な結末を
味わっていた僕だけれど

Je sais que malgré leur défense,
Leur histoire est perdue d'avance,
Mais je les laisse batailler,
Pour sauver un château de sable
Et ses remparts infranchissables,
Qu'une vague va balayer.

彼らがいくら防衛しても
負け戦になるのは分かっているけれど
波が来たらさらわれてしまいそうな
そそり立つ城壁の砂の城を守るために
僕は彼らを戦わせるままにしておくのだ

20809de.jpg


clk.jpg  Merci
       ↑こちらを一日一回クリックしていただけると順位が上がり励みになります。


この記事へコメントする















Kazan

Author:Kazan

最新の記事はこちら♪thumy2.gif

宇藤華山(カザン)
東京芸術大学及び同大学院卒業 フランス政府留学生としてパリ高等美術学校で学ぶ。シャンソン歌詞の翻訳をしながらシャンソンを歌う。

karuizawakazan75.jpg


宇藤カザンのホームページ

英国の庭園とコッツウォルズ、フランス花景色、水彩画作品を紹介。

http://utokazan.jp

宇藤カザンのYou-tube

ラ・ボエーム
想いの届く日
夜のタンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。